オルタナティブ・ブログ > 誰がためにITはある? >

流行に流されやすいITやビジネスの本質を考えるブログ

100円の買い物を渋ってしまう

»

最近ネットで買い物をすることが多くなってきました。一昔前は店に行って買っていた書籍や日用品もネットで済ませるようになってきました。また、ネットで購入するとクレジット払いになるので、少々高価な商品でも気軽に買ってしまうことが多くあります。

しかし、その反面100円の購入を渋ることがあります。それは、新規のサイトで購入する場合。LINEのスタンプなどは100円で販売されていて、たまにほしいと思うことがありますが、100円を決裁するためにカード情報を登録するのは面倒くさい。1000円のプリペイドカードがありますが、100円の買い物をするために1000円のプリペイドカードを買うのももったいない。

私はWebで商品やサービスを販売する業者ではないので詳しいことは分かりませんが、ユーザーにいかにお金を使ってもらうことよりも、決裁方法を登録してもらうほうが難しいのではないかと考えてしまいます。

Amazonや楽天など既存の決裁手段がつかえれば100円のLINEスタンプぐらい何も考えず購入してもらうのですが。。そう考えると多くのユーザーの決裁手段を握っているAmazonやAppleはそれだけで強大な力を持っており、それを活用することでビジネスチャンスが広がるものと考えてしまいます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する