オルタナティブ・ブログ > 新価値創造プロジェクト >

仕事、ライフスタイル、世間での新しい価値を求めて

人間ドックは最新の検査設備だけではものたりない

»

1年ぶりに人間ドックにいきました。
いつもいく診療所はきれいで、受付や看護士の対応もよく丁寧に検査をしてくれます。また検診設備も立派で精密なデータが出ることに疑いはもってません。

でも、なんかものたりないのです。

皆さんの言葉遣いも丁寧で気持ちいいのですが、叱ってくれないのです

いくら最新設備で尿酸値が高い数値が精密にだされ、要注意というフラグがたつより、先生から、

「渡部さん、このままじゃ通風になって痛い目にあいますよ。食べ過ぎ飲み過ぎはダメです。メタボ気味なので、ビールは控えて粗食を心がけてください。焼酎ならビールよりはましです。北海道出張に行ってもカニ、エビ、イクラは食べ過ぎちゃダメです!!」

と言われるほうが、気をつけよう、と思うのです。

受診者に対して健康診断サービスが与える本来の価値は、検査結果を受けて生活習慣等を治そうと思うことです。
その点では、権威のある医者の「お叱り」が最も重要なサービスで、最新のデータはその補完情報にすぎないのです。

とか思いながらも、受診後こってりした中華のコースを、「昨晩の9時から食事してなくて腹減った。叱ってくれないから食べてやる」と思いながら食べてしまいました。
私の生活習慣改善にはもう少し時間がかかりそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する