オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

どなたか実現してくれませんか?(1)「紙リサイクルマシン」

»

随分前にこのタイトルを付けたエントリーを書いたのですが(→そのエントリー)、それから早や5ヶ月が経ってしまいました。以下、そのエントリーの一部抜粋。

(前略)そんな自分のアイデアのうち、結構昔から考えているものの、未だに商品として出てきていないものがあります。昔は身の程知らずにも「自分がそれを実現させて、一山当ててやるんだ!(?)」と思っていたのですが、当然自分一人で実現できるものでも無いので、限界を思い知らされる訳です。また、商品化に値しないもの、という判断が世の中的にとっくされているのかもしれませんしね。

でも、元々自分が発想したきっかけは、「まず自分がユーザーになりたい」とかいう希望であったり「きっとそれが世の中をブレイクするはずだ」とかいう思い込みであったりするので、それが実現される・できることが自分の希望であり、”自分が”実現することじゃないんですよね。とすると、この場を借りて一挙公開して、「誰か実現してくれへんやろか?」と投げ掛けてみようかな?、と考えた次第です。

で、早速第一弾は・・・と書こう、と思ったんですけど、前置き部分が長くなってしまったので、(決してもったいつける訳ではなく)次回に書くことにします。

で、それ以来一回も書いてなかったと。そのまま5ヶ月経っちゃった、と。大嘘つきですね。ということで、今回掘り起こして第一弾を書いてみたい、と思います。

(1)「紙リサイクルマシン」

再生紙って非再生紙(バージンパルプから作られた普通紙)に比べて原価が高い、という話を昔に聞いたことがあります。もう現在は流通量が増えたのでコストが下がってきているのかもしれませんが。当たり前と言えば当たり前。何故なら、少なく共一旦回収してくる、という物流コストと、溶解して不純物を取り除いたり漂白するコストが必要だから、というのは製紙業界には縁の無い自分でも何となく想像がつきます。

ただ、例えば会社でプリンターやコピーで印刷された紙における、インクの塗布度合いって、そんなに漂白しなくてはいけないぐらいベタが塗られているケースは少ないように思います。インクと白紙のままのスペースを正確に測ってみたことは無いものの、ビジネス用途では企画書等を除けば多くても3~4割ぐらいなんじゃないでしょうか。活字などは当然そのインク部分以外は白紙のままな訳ですから。

そういう意味では、インクが塗布されている部分だけを上手に剥離できれば当然白紙になるのではないか、と思います。

一方、レーザープリンターでよくある話と(個人的には)感じているのは、「一度レーザープリンターで印刷した紙を再度裏面で使用しちゃいけない」ということです。というのは、レーザープリンターで一旦トナーを塗布したものを、いくら裏面が白紙だからといって手差し給紙等で入れると、印字面に当てられたレーザーがその裏面に当たる既印字部分に塗布されているトナーを溶かしてしまい、結果としてドラムやローラーに付着して紙詰まりを起こす可能性が高いから、ということです。それは印字してすぐのもの、ということに限らず、とっくに乾いているはずの随分昔の紙でも同じ。最近のレーザープリンターでは昔のレーザープリンターに比べ、そこも技術革新なのでしょうけど引っ付きにくくなったように体感的には思いますが、やはり紙詰まりが起こってしまう時はある。

ここまで書いて、もう想像つかれた方が居るかもしれない。

そうです、レーザープリンターで印字面のトナーを溶解することができるのであれば、レーザー光の当て方やトナーを吸着するスポンジを上手に組めば、一回印刷したコピー用紙を元に・・・とまではいかないでしょうが、ある程度白紙に近いものに戻せる機械って作れないのだろうか?ということです。

もちろん、特殊なインクを用いたり、特殊な紙そのもので、幾度かの再生が行える髪が存在することは知っているのですが、そもそも普通の用紙がその場で再生できれば、用紙のリサイクルがその場で手軽にできる訳です。
例えば、シュレッダーをかけたり、細かく破って捨てざるを得ないような印刷文書であっても、(前述の剥離度合いによりますが)その機械を通すことでいちいちシュレッダーにかける、廃棄する、ということを考えずにリサイクルできることになるのでは、と思うのです。

ただし、条件はあるでしょう。例えば剥離できるインクは、レーザープリンターのトナーに限る、とか。過去経験上、印刷工場で大量印刷されたような紙の裏面や、インクジェットプリンターで印刷した紙の裏面を、レーザープリンターに通しても、インクが溶け出したような経験がありません。当たり前かもしれませんが、レーザーで定着させたものだから、逆にレーザーを当てたら溶ける、というか。でも、それだけでも充分価値があると思っています。

メールの2、3行を印刷しただけ、とか(ここにも書きましたが)居酒屋さんのクーポンを印刷した紙が業者さんへのリサイクル用トレーの中に入っているのを見る度に、「これ、もっと簡単に再生できないものか?」とどうも気になって仕方が無いのです。

自分は想像ONLYなので、ソリューション等は一切持ってません。是非、どなたかの実現を切に願います。よろしくお願い申し上げます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する