オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

バイオ燃料を科学から論じると

»

小林さんのシロクマ日報でも触れられていますが、石油(正確にはガソリンや軽油?)の代替燃料としてのバイオエタノールが注目されるとともに、批判的な意見が多く目に付くようになりました。断片的な情報が多く、全体像をなかなかつかめないことも問題ですが、そんな中で科学の側からの意見が、日経サイエンスの7月号に載っていましたので主旨のみ紹介させていただこうと思います。

塩谷先生の「化学世評」という記事ですが、これによると「バイオ燃料」という言葉は四半世紀前にブラジルで既に一度話題になった時期があるそうで、その時期の「バイオ燃料」の考え方と現在の考え方の違いに触れ、安易なバイオ燃料への傾倒に警鐘を鳴らしています。今のバイオ燃料は、本来食料として利用する糖分を微生物の力でアルコールに変え、蒸留して燃料にするものですが、以前のバイオ燃料のアプローチは、糖分を絞りきった後(つまりサトウキビであれば砂糖をとったあと)の食料にならない農産廃棄物を燃料に変えるプロジェクトだったそうです。

本来あるべきバイオ燃料は、わらや廃材、トウモロコシの葉や茎などのセルロースからエタノールを作るべきで、人間が食料として摂取できるでんぷんや糖分を使用して作るものではない、と述べられています。

バイオ燃料がブームになり、農産物を食料と燃料で奪い合い状況は、どう考えても不自然です。テレビや雑誌の断片情報のみで、本質的な状況がよく解らない状態で、環境問題の騒ぎと共にバイオ燃料が語られ、結局花開かないままで中途半端に捨てられる技術にならないことをせつに願います。


キーワード記事*

バイオテクノロジーエコロジー

Comment(3)

コメント

藁や廃材、トウモロコシの葉や茎であれば、本当にエタノールにしたほうがいいのでしょうか?
藁は牛の粗飼料になりますし、トウモロコシの葉や茎もサイレージとしてこれも飼料になります。廃材はチップとして畜産の敷料や堆肥の水分調整材になります。また、藁にしてもトウモロコシの葉や茎にしても、ある程度田畑に還元しなければ土地が痩せて連作障害が発生するのは常識です。
エタノール用の遺伝子組み換えトウモロコシは連作障害に強くなってはいますが、土壌にかける負荷は相当のものです。
痩せた土地でさらに栽培するために化学肥料を投入していたのでは本末転倒ではないでしょうか。

「廃棄物」からエタノールを作るのであれば、一般に「廃棄物」と思われているモノの現状の利用形態を入念に調査し、輸送機関用燃料としてのエタノールを作ったほうが総合的・将来的に有益であると判断された場合にのみ行うべきでしょう(エネルギー収支を調査するのは基本中の基本です)。
調べてみれば驚くほどその余地が少ないことに気づくと思いますよ。

エタノールをはじめとしたバイオ燃料の研究は良いことですが、現状での本格導入は温暖化防止に寄与するとは言えないでしょう。それよりも公共交通の充実、輸送機関の効率化などを進めたほうがはるかに現実的だと思います。

nekoyama

米国でのトウモロコシの茎などは、土壌流出を抑える物なので、燃料向けには使えません。日本に限って言えば、遊休農地である減反されてる田などで水稲を栽培すれば良いと思います。要はお酒を造る要領でエタノールは作れます。しかも、食糧難となったときには、食料の米としても利用出来るので、農地を有効利用出来ます。

ikeda

藁等からバイオ燃料が効率よくできたとしても、その藁のエタノールへの発酵(少なくとも2段階の発酵)にかかるコスト(エネルギー)、蒸留にかかるエネルギー、バイオ燃料としてのエーテルへの縮合反応の費用、その蒸留生成とそれぞれエネルギーと多くのエネルギーと費用を消費します。その上、できたバイオ燃料はガソリンよりカロリーが低い。 なんとなくエネルギー保存の法則が理解できていない人が、一連のからくりからエネルギーを生み出していくというような話に似ているように思えます。 すべて上手くいったとして、どの程度のCO2削減(増加?)が期待できるのでしょうか?

コメントを投稿する