オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

カブトムシがようやく蛹になった。しかも地上から頭出てますけど?泣

»

蛹って、動くんですね。っていうか、今年はうまく飼育したつもりだったけど、どうしたことか気付いたら1匹が地上(マットの上)で蛹化してしまった。

 

おかげで、ハラハラヒヤヒヤなんだけど、蛹が常に見れてしまう♪

Getattachmentaspx

 

今まで毎日の蛹の姿というか様子を観察できる機会がなかった。

 

もうかなり濃いオレンジの蛹。中で成虫化の準備をしているからなのだろうか、夜帰宅してときどき観察していると、目視できるくらいに、もぞもぞ、動いている。

 

もう蛹化が始まると動かせないので、じっとそのまま飼育容器ごとほうっておくしかないんだけど、もう1匹もマット内壁面で前蛹化しており、残りの2匹はみえないけれど、このまま3週間くらい待つしかありません。

 

 

もはや、霧吹きも基本的には不要。ただ一応毎朝一度ふたをあけてみて、孵化してないか、乾燥しすぎた臭いがしないか、確認します。気になるときだけ、ちょこっと「シューッ」と霧吹き。もちろん地上で蛹化した蛹にかからないように。

 

成虫はもちろん、幼虫ももぞもぞ動くわけで、生きている証があるので、結構毎日観てると愛着も湧きます。だけど蛹は動かないものと思っていました。だからいつもシーンとしているからドキドキ。・・・と思ったら蛹ももぞもぞ動くのでして。

 

大げさだけれど、子供がいよいよ出産してお目見え!の直前みたいな、とても心配になる感じがしています。気持ち入り過ぎかな(爆)。

 

 

そういえば、今年こそクワガタの幼虫飼育に成功したい。こちらはなかなか難しいです(苦笑)。

Comment(4)

コメント

ani00

こんばんわ、トラパパさん
カブトムシですか、懐かしいです。私の実家は一応都内なんですが端っこなんで、
子供の頃から現在まで、虫がいる林というか神社が在りまして、
よく夏休みの朝4時とか5時の時間帯に友達と一緒に虫取りに行きました。
クワガタなんかも取れたので、今回の内容は郷愁を誘いますな。
ま、一方でデパートなんかで売っているのを見ると、
最近の子供は可哀想だなとも思います。こういう物を商品としてでなく、
トラパパさんの様に育てる喜びを教えられるのはとても良い事と思いますよ。

ani00さん、
コメントありがとうございます
まあ、結構大人の方がはまっておりますが・・・笑

はじめまして。

検索でお邪魔させて頂きましたm(__)m

じつは、今朝カブトムシが地上で蛹になってしまい、どうしよう(><)と焦っていたんですが、このまま見守っていれば大丈夫なんですね(^^)
安心しました。
6匹の幼虫を飼っているので、残りも地中で蛹になっていたらなぁと思います♪

記事、とても参考になりました。
ありがとうございますm(__)m

みむママさん、
コメントありがとうございます。
地上に出る理由は、幼虫が容器の割にたくさんいて狭いと感じたとき、フンが多すぎて汚い(といってもある程度ないと蛹室が作れないのですが)とき、そして、土やマットがやわらかすぎて蛹室の壁が作れないとき、だそうです。
理由はどうあれ、指南書によれば地上に出たらそっとつまんで固く黒土を詰めたビンの中に人工蛹室を作って入れてあげなさい、と書いてあったりします。正しいとは思うのですが、とにかく蛹は揺らすと不全をおこして奇形になったり死んだりしてしまいます。
経験的に、適度な湿度が保たれていれば地上でそのまま見守るのも手です。
ただ、3週間くらいで成虫に羽化しますが、蛹の殻をやぶって羽化する瞬間、蛹から成虫が出てきやすい周辺環境になっていれば問題ないですがたまたま手狭だったり不便があると奇形になることもあります。
それでも無理に動かすよりはリスクが低いと私は思っています。なので、そのままにして、ただ、羽化のタイミングでもしかしたら不便そうにしていてサポートが必要になるかも知れませんので、まめに観察してあげてください^^;

コメントを投稿する