オルタナティブ・ブログ > Practice makes perfect >

習うより慣れよ

Driver Booster 8 PROと、Advanced SystemCare 14 PRO

»

前回の投稿では、オールインワンセキュリティソフトの、Avira Primeのドライバーアップデーター、ソフトウェアアップデーターに注目して記事エントリしたが、F-Secureインターネットセキュリティ, F-Secure FREEDOME VPNをインストールしてあるhp Z420でも似たような機能を実現するために、IObit製品を導入して見ました。

Avira Prime月額版:Practice makes perfect:オルタナティブ・ブログ 2021/01/17

IObit Software Updater 3 PRO, IObit Uninstaller 10 PROもインストールしてあります。

近い将来には、IObit Malware Fighter(BitDefenderエンジンも搭載), iTop VPNも購入予定。

Z420_20210222.jpg

Driver Booster 8 PRO 2021

Driver_Booster_2021_01.jpg

更新できるドライバーはないかスキャンしてみるが全て最新状態だった。

Driver_Booster_2021_02.jpg

ドライバーの更新履歴。

Driver_Booster_2021_03.jpg

2021/03/09 追記

筆者自身は、ドライバーの自動更新はやめた方が無難だと考えている。いずれにしてもドライバーの更新は慎重に行ってください。

Driver_Booster_2021_04.jpg

追記ここまで

Advanced SystemCare V14 PRO 2020

Advanced_SystemCare_20210222_01.JPG

キャッシュ, レジストリエントリなどの不要ファイルをスキャン。

Advanced_SystemCare_20210222_02.JPG

クリーンを実行。

Advanced_SystemCare_20210222_03.JPG

さらに深くレジストリをスキャンしてみる。

レジストリクリーナー

#CCleanと同様の機能だと思う。

Advanced_SystemCare_20210222_04.JPG

スキャンして発見された不要なレジストリエントリ。

Advanced_SystemCare_20210222_05.JPG

不要なレジストリエントリを、修復した。

Advanced_SystemCare_20210222_06.JPG

今のところ、F-Secureインターネットセキュリティ, F-Secure FREEDOME VPNと、Driver Booster 8 PRO 2021, Advanced SystemCare V14 PRO 2020の相性の問題は発生していない。

Comment(0)