オルタナティブ・ブログ > Practice makes perfect >

習うより慣れよ

Parallels Desktop 17 for MacにゲストOSとしてインストールしてあるwindows 10 Pro(セキュリティソフトは、ウイルスバスター クラウド)を、Windows 11 Proにアップグレードしてみた。

»

Windows 11が配布開始されたので、Parallels desktop 17 for MacにゲストOSとしてインストールしてあるWindows 10 Proを早速アップグレードしてみました。

テスト環境
Apple Mac mini 2018(macOS Big Sur バージョン 11.6)
3GHz 6コア Intel Core i5
Intel UHD Graphics 630
RAM:16GB
SSD:256GB
セキュリティソフト:ESET Cyber Security Pro
Parallels desktop 17 for Mac 17.0.1(51482) + Windows 10 Pro 21H1

今回、画像は多いです。

テスト実施日(2021/10/08)現在、Webサイトで正式に対応をアナウンスしているのは、ウイルスバスター クラウドとマカフィーの一連の商品だったので(筆者が探しきれないだけかもしれないが)、今回はウイルスバスター クラウドがインストールされているWindows 10 Pro環境をアップグレードしてみます。

ss20211013_151759.jpg

上記スクリーンショットは、撮り忘れていて後付けで撮ったものです。

TPM チップを指定する。

Win実機のTPM チップ非搭載の皆さん、ごめんなさい。仮想環境であるがゆえに、TPM チップの設定、簡単すぎました...

ss20211013_144139.jpg

上記スクリーンショットは、撮り忘れていて後付けで撮ったものです。

「この PC で Windows 11を実行できます」

ss20211008_180254.jpg

ss20211008_180225.jpg

ss20211008_180539.jpg

18:06 ステップ 1/3: ダウンロードしています

ss20211008_180552.jpg

18:11 ステップ 3/3: インストール中

18:33 再起動

ss20211008_183303.jpg

ss20211008_183425.jpg

18:43 再起動

ss20211008_184429.jpg

18:47 ログイン準備しています

ss20211008_184910.jpg

18:50 起動完了

ss-20211008_184942.jpg

Parallels Toolsの再インストール

ss20211008_184955.jpg

18:50 再起動

18:50 再起動完了

合計 45分間でアップグレード完了。

ss20211016_131239.jpg

上記スクリーンショットは、撮り忘れていて後付けで撮ったものです。

早速、ウイルススキャンを行ってみます。

ss20211008_185541.jpg

ss20211008_191556.jpg

Comment(0)