オルタナティブ・ブログ > The Grouchy Bug >

米国東海岸発、とあるソフトウェア開発者のよもやま話

iPodでリアルな3D録音をしてみる(2):耳栓マイクでバイノーラル録音、鼻先をかすめるリアル感

»

iPodでリアルな3D録音をしてみる

iPod、iPhone、iPadで、立体的な録音をしてみようということで、前回に引き続き、いろいろやってます。
今回はマイクを改良して、前回と同様にiPod Touchでバイノーラル録音をしてみました。前回よりも、かなり立体感が出せたのではないかと思います。

聴き方は、
1. 椅子にすわって背筋を伸ばして前を見る。前のややななめ下を見る感じで。
2. ヘッドフォン(もしくはイヤフォン)をする。(左右を間違えない様に)
3. 音を再生。
4. ボリュームは大きくする。(無音の部分が少し「シャー」という手前)
5. 目を閉じて静かな場所で聴く。
と良いかもしれません。

では聴いてみてください。


レシートくしゃくしゃ

Ipodrecordings0201

ダウンロード

まずは右からレシートがくしゃくしゃしながらやってきます。
レシートが移動していきます。
右→右上→右下→右→左→左上→左下→左→右→レシートをぽいっ。


いかがでしょうか、レシートのくしゃくしゃ音が立体的に動いているのが、わかりますか?今回はそのリアリティを感じてもらおうとwavファイルにしました。前回の音源の元のwavファイルと比べても、かなり立体的にできたのではないかと思います。特に上下左右のレシートの移動感がおもしろいと思います。

私の両耳の位置にマイクを置いているので、私の頭に最適化された音です。なので、立体的に聴こえないという方もいるかもしれません。私が聴いたところ、この音は非常にリアリティがある音に聴こえます。目を閉じて聴いていると、特に、レシートが左右に移動するとき、私の鼻の前を風がかすめて、ひんやりする感じがします。だれかいるんじゃないかと思わず目を開けてしまいます。

ひとつ不思議なのが、目を閉じて聴いたときと目を開けて聴いたとき、聴こえる場所が違うことです。レシートが左右に移動するとき、目を閉じていると、レシートが自分の前を通って聴こえてきます。(実際の録音時にはレシートは前を通って左右に動かしてました。)しかし、目を開けると、自分の前ではなく、後ろを通って聴こえてきます。視覚というものは聴覚に影響を与えているようです。(人によっていろいろのようです。何人かの人に聴いてもらいましたが、後ろを通ってしか聴こえないという人もいました。)


耳栓バイノーラルマイクの作り方

さて、今回の録音ですが、立体感が向上したカギは、今回作った耳栓バイノーラルマイクにあります。

前回は、イヤフォンにマイクカプセルを埋め込んで、バイノーラルマイクを作ってみましたが、今回は、フォームタイプの耳栓で、バイノーラルマイクを作ってみました。耳栓を使うことで、マイクカプセルを耳の穴の中に置くことができ、よりリアルに聴く感じで録音するという狙いがあります。

材料は、、
1. パナソニックの無指向性コンデンサマイクカプセルWM-61A (digikey.comで購入)
2. 細いシールドケーブル( Mogami 2368をmarkertek.comで購入)
3. フォームタイプの耳栓(近所のCVSで購入)
4. 3.5mm ステレオミニプラグ(mouser.comで購入)
5. ヒートシュリンク(熱収縮)チューブ (赤と黒)

今回も材料費は、余裕で千円以内ですね。

Ipodrecordings0202
フォームタイプ(いわゆるイヤーウィスパーなどのタイプ)の耳栓を近所の薬局CVSで買いました。


Ipodrecordings0203
その後、耳栓をはさみで半分に切って半分だけ使いました。熱した半田ごてで耳栓にマイクカプセルが入るような穴を開けて、マイクケーブルをハンダ付けしたマイクカプセルを、その穴の中に入れ、エポキシパテでマイクカプセルと耳栓を接着します。


Ipodrecordings0204
右マイクケーブルと左マイクケーブルを1つのステレオプラグにハンダ付けして、バイノーラルマイクができあがり。
右側のマイクケーブルには赤いヒートシュリンクチューブを付けて右のマイクとわかるようにしてあります。(赤=RedなのでRで始まるから右、青=bLueで、Lということで左というのがよく使われますね)2本のマイクケーブルは二股になるように黒いヒートシュリンクチューブで1つにまとめて、2つ編みします。


Ipodrecordings0205
iPod Touchに、Belkin TuneTalkをつなぎ、そこに、できたマイクをつなぐとこんな感じになります。
後は、この耳栓マイクを両耳に入れて録音すれば、バイノーラル録音で、立体的に録音できます。

今回のマイク、前回のマイクよりかなり改善できたと思います。まずは、マイクカプセルは、前回のイヤフォンに埋め込むタイプより、今回の耳栓に埋め込んだのが良かったです。これにより、よりリアリティのある立体感が出ます。また、シールドされたマイクケーブルを使うことにより雑音に強くなり、音がしっかり出るようになりました。

自作するなら、今回のバイノーラルマイクはおすすめです。

<<たぶん、つづく>>

Comment(5)

コメント

石井よしんど

記事面白かったです!参考になりました。
一つ質問させてください。
自作のマイクではなく、市販のバイノーラル録音マイク(RolandとSanyo製のが販売されていました)を接続しても録音は可能でしょうか?
他の記事には録音マイクと並行して専用の録音機を購入するように書かれていましたので。
素人質問ですが、ご回答いただければ嬉しく思います。

石井よしんどさん、コメントありがとうございます。
耳に入れるタイプのバイノーラルマイクは通常エレクトレットコンデンサマイクというタイプのものです。Rolandのバイノーラルマイクは、CS-10EM、Sanyoのバイノーラルマイクは、HM-250ですね。これらのエレクトレットコンデンサマイクの場合、録音機側(マイクアンプ側)が、マイクの出力端子とグラウンドの端子間に電圧をかけてやる必要があります。この電圧はプラグインパワー(プラグイン電圧)と言って、録音機のメーカーによってそのプラグイン電圧はさまざまです。(通常は2Vから3Vとかだと思います。) Roland CS-10EMの場合、http://www.roland.co.jp/products/jp/CS-10EM/ によれば、動作電圧が2V-10Vとなっています。これが録音機側がマイク端子にかけてあげなくちゃならないプラグイン電圧です。もしマイクに十分なプラグイン電圧が供給されない場合、録音された音が非常に小さかったり、音質が悪くなったり、録音できなかったりします。私のBelkin TuneTalkのマニュアルによると、TuneTalkのプラグインパワーは3Vなので、たぶんRoland CS-10EMとTuneTalkでは動作すると思います。(Sanyo HM-250のウェブページにはプラグイン電圧が書いてないのでこちらはよくわかりませんでした。メーカーに問い合わせされるといいかもしれません)ちなみに今回、自作したバイノーラルマイクはWM-61Aというエレクトレットコンデンサマイクを使っています。これは標準動作電圧は2Vとなっています。
それと、Roland CS-10EMも、Sanyo HM-250も耳の穴の中に挿入するというよりは、イヤフォンの外に装着されているタイプのもののようですね。この記事の前の回に同じタイプのマイクを作りましたが、今回作った耳の穴の中に挿入したタイプがやはり音質はぐっと良い感じで、おすすめです。工作費も安いのでぜひ自作してみてはいかがでしょうか。

石井よしんど

岡本さん、
返信遅くなって申し訳ないです。丁寧なお返事とアドバイスに感謝いたします。
今回の記事を参考にしてみたいと思います。材料費は賄えるのですが、自作に際してiPod Touchに、Belkin TuneTalkを揃えるのには学生の身では少々頑張らなければなさそうです。
それにしてもバイノーラル録音した音は、臨場感が俄然上がりますね!!
自作するワクワク感をありがとうございました!

石井よしんどさん、
あとは録音機の予算の問題でしたか。最近のノートパソコンやマルチメディア向けのパソコンでしたら、ステレオマイクの端子がついたものがあるので、そちらを使ってみるというのもありかもしれません。バイノーラルマイク自体の材料費は千円行かない程度でできるので、そのうち機会がありましたらぜひ挑戦してみてください。バイノーラル録音は、なかなか楽しいです。

石井よしんど

岡本さん、

こんにちは。
結局、androidスマートフォンを購入する予定です。
auのIS03に適したアンプをご存知でしょうか?
もし可能ならば、バイノーラル録音に適したアプリも併せて是非ご教示下さい。
よろしくお願いします。

コメントを投稿する