オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

水道橋博士が教える自分年表づくりの面白さ

»

ぼくがロサンゼルスに行っている間に放送された
『課外授業 ようこそ先輩 「見つけた!意外な自分~漫才師 水道橋博士~』
録画しておいたのを見ました。

水道橋さんが小学校6年生に自分年表のつくり方を教える内容で、
水道橋さん自身、小学校3年生のときから
51歳の現在までずっと日記をつけていて、
昨年、その日記をまとめて、8万字にもなる自分年表をつくったそうです。

年表をつくって半生を振り返ってみると、
自分はたいしたことをしてきたように思ってなかったのが
50年間、こうやっていろいろな困難を乗り越えてきたのだなと
自分のことが面白く思えて、自分自身を認めるのに役に立ったとのこと。

小学生に12年間の自分年表をつくってもらっていましたが、
単に自分が思い出したことだけではなく、
そこに、家族から聞いたことを付け加えたり、
友達に付け加えてもらったりしていたのが面白かったです。

そうして、自分では覚えてなかったことを思い出したり、
自分ではよくわかっていなかった自分を発見できたりするし、
その年表づくりの過程が、
家族や友達とのコミュニケーションをよくしていることが
はっきりとわかりました。

ぼくが講師を務めている自分史の講座では、
いつも、自分史は単に自分の生きてきた記録を残すだけでなく、
自己分析や自己PR、コミュニケーションに役立つという話をしていますが
まさにそれを典型的に表している内容でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する