オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

正しく「引用」すれば、コピペも問題ない

»

STAP細胞の論文の件が世間をにぎわしていますが、
気になったのは、コピペが絶対悪的にとりあげられている点です。

コピペは、出典の明記や、本文との区別をしっかりするなど、
きちんと条件を満たせば、
出典元からの許可をえなくても「引用」することができます。

問題なのは、他人が書いた内容を、自分が書いたように使う「盗用」であって
「引用」すること自体はまったく問題ありません。

「正しいコピペ」 科学者にとってモラルではなく厳格な戒律 | 井上泰浩

「無断引用」という表現はやめよう|Colorless Green Ideas

新しい研究も、これまでに多くの学者が研究してきた
蓄積の上に成り立っているもので、
どこが新しいのかを示すためには、これまでの研究の流れの中で
どこに位置づけられるのかを示す必要があり、
そのためにはむしろ的確な引用が必要になってきます。

学問だけに限らず、文章をまとめる上で大事なことは、
ほかの方々の研究や著作物に敬意を持って接し、
いいものはきちんとした手続きで引用や紹介をさせてもらい、
そこに自分なりの新しいものやオリジナルなものを
付け加えていくという姿勢を持つことではないかと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する