オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「大タモリ年表」を参考に、自分史年表をつくってみませんか

»

今月いっぱいで「笑っていいとも」が終了することもあり、
最近、タモリさんに関連する書籍や、
タモリさんを特集した雑誌が多数出ていますが、
ウェブでもタモリさんの詳しい年表が公開されています。

『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』特別付録 大タモリ年表 #1 | Matogrosso

『タモリ学』単行本に収録する予定だったのが、
あまりにも分量が多くなってしまったため入りきらず、
ウェブで公開することにしたそうです。

第1弾はタモリさんが0歳から29歳までの年表ですが、
こうやって時系列でエピソードを読んでいくと、
森田一義さんがどうやってタモリになっていったのかが
よくわかって面白いですね。

ぼくが自分史の講座やセミナーでよく話すのは
自分史をつくるときに、必ずしも文章にまとめて本にしなくても
メモでも年表でも何でもかまわないということです。

こういった年表をつくるだけでも、
自分の過去を客観的に見直すことができて、
過去のできごとのつながりなどもわかって、
いろいろなことが発見でき、
将来へのヒントを得ることもできます。

編集者の石黒謙吾さんも、
メモをまとめた自分史年表をつくってらっしゃいますが
とても参考になります。

自分史メモを作ることで思考・発想のクセを探る | イシブログケンゴ

自分史年表をつくってみようという方は、
ぜひぼくの会社で運営している
年表創造コミュニティ「Histy」も活用してみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する