オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

商業出版したいなら、自分史を書きなさい

»

昨日、新聞社の強みは取材力と過去の蓄積だという内容を書きましたが、
個人の強みも過去の蓄積の中にあると思っています。

ぼくは、以前出版社で編集者をしていて、
たまに出版プロデュースの仕事もしているので、
商業出版したい方の相談を受けることがよくあります。

昨日も相談を受けていて、
類書と差別化するために重要なのは、
その著者のオリジナリティであり、
そのオリジナリティの源泉は、
今まで経験したことと、その経験から考えたこと、
感じたこと、学んだことだという話をしました。

その個人の具体的な経験を、いかにわかりやすく
一般性を持たせて、体系的にまとめることができるかが重要です。

最近、ほかからの受け売りを寄せ集めたような
書籍がよく出ていますが、
その著者のオリジナリティが感じられない内容は
面白くありません。

そういう意味で、ぼくは商業出版したいという方にも
まずは自分史を書いてみることをおすすめしています。
自分史は、自分の体験と
そこから感じたことや考えたことをまとめたものなので、
まさにオリジナリティの源泉になるからです。

自分史自体を商業出版することは難しいですが、
そこから商業出版に適したテーマや切り口を見つけて、
そのテーマや切り口に沿って構成しなおせば、
商業出版できる内容になります。

ぼくがこれまでに出版プロデュースしてきた書籍も
もとは自分史的な内容のものがほとんどです。

商業出版したいという方は、
まずはメモや年表などどんな形式でもいいので
自分史をまとめて、
自分の過去の棚卸しをしてみることをおすすめします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する