オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

【OS三国志】Windows XP、いつまで使う

»

マイクロソフトは予定通り4月14日で、Windows XPのメインストリームサポートを終了しました。

マイクロソフトのサイトに詳しい説明があります。要点をまとめると以下の2つです。

  • インシデントサポートやセキュリティ関連以外の修正プログラムの新規リクエストへの対応は終了した。
  • 延長サポートとして、有償サポートならびに無償でのセキュリティ更新プログラムサポートを2014年4月8日(米国時間)まで提供する。

Windows XPについてマイクロソフトに電話やメールで質問したことがある企業ユーザは、ほとんどいないのではないでしょうか。Windows XPは、すでに枯れて安定したOSになっています。一般的な企業では、セキュリティ更新プログラムが提供されるだけで十分でしょう。すなわち、Windows XPは2014年4月8日まで使えることになります。

マイクロソフトはWindows VistaやWindows 7を売りたいところだと思いますが、ユーザにとっては、Windows XPが発売されてから何年過ぎたかよりも、今のパソコンを買ってから何年になるかの方が重要です。Windows XPに不満がなければ、パソコンが壊れたり古くなってどうしようもなくなったりするまで使うはずです。

OEMライセンスを受けたパソコンメーカーは、2009年1月までWindows XP搭載パソコンを販売していました。そこから計算すると、2012年まではかなりのユーザがWindows XPを使い続けると見込まれます。

社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の調査では、Windows Vistaは2008年度において58%の企業が未導入であり、「Vistaを導入しない」と答えた企業が38%でした。このままXPを使い続けて、XP搭載パソコンの耐用年数が過ぎる2011年から2012年にかけて、Vistaを飛ばして一気にWindows 7に移行するユーザが多いと予想しています。

この傾向は、米国でも同様のようです。

それでは2011年に今のユーザがそっくりWindows 7に移行するのかと言えば、微妙なところと考えます。

このところ、パソコンの買い換えを機会に、Windowsを離れてMacを買う知り合いが目立ちます。ブラウザとMS Officeが動ければ、個人ユーザはMacで不自由ないようです。しかもMS Officeの中で実際に使うのはWordがメインで、Excelはぐっと少なく、PowerPointを使う個人はさらに少ないそうです。普通の個人ユーザにとって、ブラウザやWordがOSである、という話もききます。

一方、Ubuntuに代表されるデスクトップLinuxの機能が充実してきて、UbuntuとOpenOfficeを日常的に使っている人が増えています。業務分野では、単一業務のシステムのクライアント側を、Ubuntu+Firefoxで構築することは、現実的な選択肢になってきました。

企業のシステム構成を最終的に決めるのは、キーパーソンの個人です。個人で日常的にMacやLinuxを使っていれば、業務システムでMacやLinuxを提案・採用することに、ためらいがなくなります。

三年後のOS市場は、三つのOSが均衡する「天下三分の計」になるとみました。

Comment(2)

コメント

加藤さん
リンク&トラックバックありがとうございます。

そもそも「WordがOS」と思っているレベルのユーザーなら、
OSに付属のノートパッドで充分なんですけどね。。。

>「天下三分の計」
なるほど〜。って、いやその言葉も知りませんでしたが。。。すぐにぐぐりました。
(これからの世の中、「ぐぐる」という五段活用動詞を加えてはいかがでしょう?>>文科省さん)

小生の「ノーマーケティング」的視点から見ますと、MSはもとより、Appleに対しても、
「次々と商品を陳腐化させては消費者の買い替えを煽る」タイプの企業に見えます。

ubuntuの、たとえばテキスト編集ソフトの「ヘルプ」メニューから「クレジット」を開くと、
開発に携わった人たちの名前とメールアドレスがフツウに掲載してあるんですね。
「気づいたことがあったらいつでも各人にメールしてくださいね」っていう
オープンマインドなスタンスなんです。そういう価値観やライフスタイルを基準にパソコンや
OSを選ぶことができるという選択肢が広がったということ自体がすごいことだと思うのです。

小生がマスマーケティングの世界にどっぷりと身を置いていた20世紀末の頃は、
「ライフスタイル分析」や「価値観分析」といったって、せいぜいどういった商品を
消費する傾向にあるかという「消費性向分析」でしかありませんでした。
その頃Linuxが現れて、「次の時代の真のライフスタイルはこれだ!」と小生も興奮したのですが、
今週からubuntuを手元で使うようになって、それが本当に実用に耐えるものであると実感しました。

これを使っていると所謂「買い物」では決して得られない楽しさがあるんです。
新製品を次々に追っかけるのではないライフスタイルが日本にも定着するするとイイなあと。

テクネコ

JRXさん、
第1次Linuxブームの時は期待先行・マニア中心でデスクトップLinuxは離陸できませんでしたが、そろそろいい感じですね。あとはATOK最新版が欲しいところ。

コメントを投稿する