オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

都内はまだまだバリアアリー。

»

絶賛筋肉痛2日目の昨日、どうにも太ももがまともに上がらないので、エレベーターとエスカレーターを探して、地下鉄での移動を。

エレベータやエスカレータはかなり整備されてはいるものの、最後の最後が階段だったり、エレベータはあるけど、完全に反対側の出口だったり、で、やはりまだまだ都内は「バリアアリー」。

「あちこちバリアフリーになったよね」と思っていたけれど、いざ、利用する立場になると、そうでもないんだなぁーと。

どんなことでもそういう視線で世界を見ると、わかることがある。

ベビーカーの方、妊婦さん、怪我している人、そして高齢者、大変な思いをしていつも移動しているのだなぁ。

・・・・


それにしても、外出先ではトイレが難儀。


トイレのバッグかけのポール?フック?が非常に高い場所についていると、背伸びしないとバッグをかけられない。筋肉痛な人にはツラい。
トイレにバーがついていると座りやすいけれど、バーがないと便座を押さえてしまう。

それにしても、日本のトイレが洋式になっていてよかった。和式だったら、断末魔の叫びを挙げてしまうところだ。

そうそう、父の介護用品を探している時、ソファー椅子みたいな介護品で、立ち上がる際にばねがの勢いで楽に立位に移れるものがあった。

そもそも一人で椅子に座れないのだから買っても意味ないね、ということでカタログを見ただけだったのだが、
なるほど、立ち上がるにも太ももの筋肉を使うので、あのばね付きソファー椅子に助けられる人も多いのだろう。

・・・・・・

さて、毎度、「全治3日」になる筋肉痛も終わりが見えてきて、明日4日目にはほぼ普通に歩けるようになるだろう。

何度も同じ思いをしているのだから、いい加減に、太ももの筋肉を鍛えたほうがいいと反省した。

そういえば、50代以上の人が椅子やソファーに「どすん」と座るのは、太ももの筋肉が弱っているからだそうだ。

ある時、自分も「どすん」と座っていることに気づいて、こりゃいかん、と思い、それ以来、できるだけ、意識して、そっと座るようにしているが、筋肉は大事なのだ。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する