オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

ソーシャルストリームがポストWeb2.0時代の最大のトレンドであることについて

»

#Stream

最近、吉松さん(アイスタイル)や徳力さん(AMM)らと長時間話す機会があり、そこで ソーシャルストリーム(もしくは単なるストリーム)の話が出た。
お二人とも僕が フィードからストリームへと変遷してきたWeb上の情報の”流れ”に着目して、相当にそこへの理解に時間を割いていることを知っておられて、話のポイントを差し向けてくださったのである
(フィードは流れを押し出す力=Feed であり、ストリームはそれらを含む流れそのものだ)

米国のインターネット業界では、ストリームの概念は非常にポピュラーになってきている。僕の意見を誰かが読んだわけでもなく、また、僕も欧米のメディアからインスピレーションを受けたわけでもなく、ほぼ同時にこの概念に注目し始めた。これが自分的には面白いし、心強く思っている。

しかし、不思議なことに、日本ではまったくといっていいほど、このストリームについての論議を聞くことはなく、僕以外のブロガーや起業家、評論家からの説明を聞いたことがない。これはどうしたわけなのだろう??


ストリームとは、非常に細小な粒度の情報群をリアルタイムで世界中に伝達しまくる仕組みと、その概念だ。
詳しくは(なんども引用して恐縮だが)このエントリーをみてほしい。
http://blogs.itmedia.co.jp/speedfeed/2009/01/twitterweb-9bd5.html

仕組み的には、短いエントリーとパーマリンク、引用された短縮リンク、そしてタグ。これを非常に速い速度で配信しつづける。同時に、APIとRSSフィードを使って、他のメディアでも利用できるような標準フォーマットになっている。これだけだ。
たったそれだけのことなのだが、現在の起きている or 起きつつある事象や意識の流れがストリームによって表現されつつあり、Web上の記憶や記録を手中にしたはずのGoogleでさえ、その流れに追いつけていないという現象がおきているのだ。

誰か僕のこの意見に反応してもらえたら嬉しい。

”クラサバからクラウドへ。 PCからスマートフォンへ。 サイトからストリームへ”
Comment(3)

コメント

tk

twitterのような簡単な伝達ツールに、iPhoneのようなPCより気軽に使えるものが中心になってさらに情報のストリーム化に移行しているということでいいでしょうか。

微細化されるということは参入障壁は低いですがビジネスモデルとして収益をあげるのは厳しいような気もします。自分が思いつかないだけかもしれませんが。

smart

ネット業界の人はともかく…普通に働いている人は、ネットに常駐しているわけではないので、
「微細な情報を四六時中ダラダラと配信し続けてほしい」というニーズはあまりないでしょう。

Twitterみたいな仕掛けを「ストリーム」って呼ぶとかっこいいけど、
情報の中身的には、2ちゃんねるみたいなものでしょ?
短い情報が次から次へと五月雨式に送出される。
でも、後から話題に入ろうと思ってもついていけないから「今北産業」となる。

それよりも、マスメディアや、良質なブログの記事のように、うまくまとめられた情報の方が役立つ場面が多い。
必要な情報を短時間で効率よく入手できるのだから。

Twitterみたいな仕掛けは、2ちゃんねらーのようにネットに常駐するジャンキーには便利かも知れないけど、
普通の社会人や学生にとっては、あまり需要がなさそうで、ニッチな流行にとどまると思います。
セカンドライフのように、飽きられるのも早いのでは?

英語は世界で最も広く通用する言語なので、ニッチな流行でも影響範囲が広いけれど、
日本語圏(つまり日本)では、なかなかそうはいかないですよね。

アロン

smartさんの意見に同意します。

四六時中Twitter開いてダラダラ流れてくるメッセージなんて見てるほど暇じゃないでしょ普通。

ニコニコ動画のように、対象が存在し、自発的に見るという行為であれば受け入れられると思います。

コメントを投稿する