オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

2006年のMac Expo、予想外の結末に。

»

MacExpoが終わり、僕にとっては驚愕とやや失望の結果を目の当たりにすることになった。
僕自身もそうだし、さまざまなメディアやApple消息筋の予想に反する発表だったのではないか?

発表された主な新製品は:

01.ハードウェア
Interl CPU対応Macが二種類発表された。なんとiMacと新ラインナップとなるノートブックのMacBook Proが発表。
多くのMacに詳しい筋からの予想では、デスクトップとしてはMac Mini、ノートとしてはiBookかそれに相当するローエンドマシンにIntelが載ってくるはずだったが、真逆できた・・・。
iMacの液晶モニターと基盤を一体化したような特殊な筐体にIntel CPUを納めるのは、結構めんどうなので、比較的平易な作りになっているMac miniが選ばれるのではないかという見方だった。更にノートは、デュアルCPUを搭載し、PowerBook G4の4倍の速度とiMacなどに採用された新インターフェイスのFront RowやiSight内蔵などを装備して、思い切りハイエンドに振ったMacBook Pro。15インチモニターモデルしかなく、Proと命名されたように完全にプロ仕様だ。DTPやWebデザインなどの市場を狙ったモデルだろう。

(あえてProと名付けているように、次の発表ではローエンドかミドルエンドのノートが出てくるのだとは思うが)

02. 新ソフト
iLife '06とiWork '06。
iLifeのほうは噂のiWebが追加。これはBlogやポッドキャスティング対応のWebサイトのオーサリングソフトで、IBMのホームページビルダーにロックオンした商品。
iWorkはワープロソフトのPages 2とプレゼンソフトのKeynote 3。残念ながら表計算ソフトの追加は見送られた。

以上、簡単にレポート。
僕自身は愛機のPB G4 15"がご臨終となったので、intel inside iBookを心待ちにしていたので、かなりがっくり。
皆さんはいかがでしたか?

Technorati Tags: ,

Comment(7)

コメント

漆原 広

記事を拝読しました。
 私的な気持ちで、タイトル「予想外の結末に」とするのは、配慮に欠けているように思う。もし、貴方が専門知識を持ったスタッフならば、技術的観点から総合評価してもらいたい。例えば、Rosettaのソフトウェア互換性に関する技術的解決策やPowerBookG4の4倍の高速化される技術的根拠などに関して、貴方の技術的バックグランドから大胆に予測してもらいたい。
(MacExpoで発表されたばかりで酷なコメントですいません)

本田

確かに失望の根拠が私的価値観に基づいていると
読み取れる内容に思われます。
ブログとして読む分にはよいと思いますが
記事として客観性や市場展望などについても
読者としては興味があります。
そのあたりについての掘り下げも
お願いしたいと思います。

細田

いや、blogなので、別にいいのではないの?ちゃんと「僕にとっては」って書いてあるし(文中だけど)

PB G4 12"ユーザの自分もひそかにIBookを期待してました。人柱になるには25万以上の出費はきつすぎますので(笑)
おそらく3月ごろに他の機種も発表、4月に発売になるのではないかと予想しますので、後2ヶ月我慢します。

よがた

私もネイティブアプリ不足の都合からローエンド機が先と踏んでましたが、Intel移行によって2~4倍というパフォーマンスが得られることが解った時点で、中核機のリリースを優先したのではないかと思います。
とは言え、Mac miniは今月末か来月中にでも発表されるのではないかと。

こんにちは。

てっきり「Mac mini」と「ibook」が出るのでは、と思っていたので、驚きました。ただ「iMac G5」も「Powerook G4」も、かなり発熱する製品なので、その点を優先したのでは、と思います。

私が気になるのは、「iWeb」と「Rosetta」。「iWeb」の方は、「.Mac」と組み合わせて、性能をはっきするようですが、単体でどんな事ができるのかが、まだはっきりしていない感じ。でも、「Webページ作成ソフト」が出たことは、とても嬉しいです。「Rosetta」に関しては、ほとんど情報がないので、すごく気になります。どのソフトが動くのか?、プリンターのドライバソフトはどうなのか?などなど、「intel Mac」には、気になるところが、色々あります。

山城

それほど予想外ではなかったのではと思います。既に出回っている、またはセレロンの様なCPUを使うのならiBookやMac miniで通るかも知れませんがそれはアップルのスタイルではないと思いますし、ジョブズ氏は“the First”という言葉をお気に入っているようなので新しいプロセッサーを使うのはほぼ確実です。
もしiBookやMac miniに新しいプロセッサーを採用したらどうなるでしょう?PowerBookより処理能力のあるiBook、iMacに対してMac miniもモニターは無いがかなり魅力的なマシンになってしまうのではないでしょうか?シングルコアにしたとしてもG4よりは高くついてしまうと思いますしPowerBookに採用するのはやむを得なかったと思います。一般コンシューマー向けにも欲しいとなるとiMacしか選択肢がなかったとおもいます。
MacBook Proなかなか良さそうですね。ただプロユーザーにはカメラは必要なかったと思いますしFW800ポートが無いのも残念です。またグラフィックチップももっと良い物を乗せれなかったのでしょうかね?バッテリーがどのくらい持つのかとRev. Aは少し不安なので出回ってから検討してみようかと思います。
長々申し訳ございません。

muwmuw

Intel Core SoroがiBook後継機になるのでは?

コメントを投稿する