オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

ビデオiPodを、あなたは買いますか?

»

結論から言うと、僕はiPod nanoがビデオ対応するまでは待つ事にした。

僕は前から”カバン内シェア”が、こうした携帯端末の市場を左右しているという独自のセオリー(^_^)を持っている。
カバンの中に入れられるキャパ、容量というものは限りがあって、そこに常に入れておけるモノの数も当然限定されてくる。要は携帯品の数には限界があって、市場そのものの数は、当然絞られてくる。”カバン内シェア”を奪えないカテゴリ/商品は、淘汰されてしまう、という理論だ。また、当然あまり重いものは必要であっても敬遠されていく、という原則がある。
(ポケットの中でも、手の中でも、ぶら下げられる首でも何でもいい、とにかく我々が移動中に持ちうる収納機能のことを言っている)

さっと数えてみよう。財布、カギ、社員証のようなモノ、定期などの必須品。その次には、間違いなくケータイがくる。デジカメや携帯音楽端末、PDAなどはそのあと、ということになるが、デジカメは、カメラ付きケータイの前にほぼ敗れ去った。特に最近のケータイは300万画素+AF付にまで進化しており、わざわざ別にデジカメを持つ必要が無い。だから今は、デジカメ業界はより高機能な一眼レフタイプなどに主力をシフトしつつあるのだが、とにかく最近のケータイはありとあらゆる携帯品の機能を具備し始めている。

PDAについては、事実上Palmが消え、CLIEが消えて、市場そのものがなくなったといっていい。PDAはPIM(スケジューラーなどの個人情報管理機能)としてはケータイのそれに代替され、ミュージックプレーヤーやデジカメ機能などを搭載する事によって、返ってiPodやデジカメ専用機との比較検討にさらされ、その中途半端さがたたって存在価値を減じてしまった。(海外ではスマートフォンという形で生き残り、日本においても702NKやm1000の登場によって新しいジャンルが生まれる可能性は残った)

ちなみに、最近ではB5サイズなどの軽量ノートパソコンに目立ったヒットが無いが、スマートフォンが普及すると、ますますその傾向が増える気がする。PIMもPOPメールもスマートフォンで管理できるし、ブロードバンドでPC Webを見られるようなフルブラウザが登場している。WordやExcel、PowerPointなどのファイルも開けるようになってきたので、パソコンを携帯する必要が減ってきている。事実僕は、愛用のPowerBookを持ち運ばなくなった。

さて。
音楽携帯端末(というよりiPod+その他)は、今のところ成長市場として認知されている。日本においては着うたフルなどの(iTMSに相当する)サービスと連携した音楽再生機能付きケータイと激しい戦いを強いられるだろうが、それでも現在の状態では僕はカバン内シェアで、ケータイの次にiPodは居座れると思う。ケータイも多機能化しているので、バッテリー持続時間の問題もありそうだ。フルブラウザーによるWeb閲覧、メール、そして音楽再生となると・・・。iPodの電源が落ちたとしてもあきらめがつくが、ケータイはライフラインなのだ。

ただ、ビデオiPodは、その本質的な価値よりも、金額が高いことによって爆発的なヒットはしないような気がする。また、サイズがかなり薄くなったとはいってもnanoを見たあとでは、やはり重い。現在iTMSで販売しているのはPIXAR系のショートムービーと、プロモーションビデオだけだが、まだ数が多くないとはいえ、僕はそれを買いたいという需要はあると思う。(僕も一曲買って、iTunes 6.0で再生してみた。PowerBookからはテレビにもつなげるので、結構いい感じだ)
ただ、持ち運びを考えたときに、カバン内シェアのセオリーからすると、液晶を犠牲にしてでも、もっと小さくした方がいい。nanoの液晶の大きさでも十分見られるし、むしろテレビや液晶モニター、プロジェクターなどにOutputする機能をつければいいのではないか?iPodによるビデオ再生は、通勤電車内でのニーズよりも、いつでも見られるところに動画を持ち、必要なときに大きなモニターで再生する、という用途のほうが受ける気がしている。

携帯端末で動画+音声を再生できるという機能は魅力的であるが、常に携帯するための”カバン内シェア”のセオリーに反するようでは普及は難しい。iPod nanoの大きさに押さえたときに、大きな需要を作り出すことができると思う。

Technorati Tags: ,

Comment(18)

コメント

しろとら

新iPodについては、軽くなったことを単純に喜んでます。
Podcastなど聴くコンテンツが増え、
全てのコンテンツを持ち歩きたいので、nanoに納まらないのです。
ビデオはおまけなので。気にしてません。
ただ、国内のビデオコンテンツホルダーのどこが最初に、
配信するかは、楽しみでありますが。

>しろとらさん
なるほどー。僕はそこまでマメにデータをストアしないので、
nanoで十分なんですが、確かにPodcastingで毎日コンテンツを
入れると足りなくなるかもしれないですね。それでもやはり、
軽いっていいですよね。

"カバン内シェア"という考え方は非常に面白いですね。
これまであまり意識をした事が無かったですが、通勤・通学時に主として電車を使う日本では、コンパクトなカバンに詰め込める携帯端末が市場で生き残るという事ですか。納得です。

燃料電池が小型化して普及すれば、バッテリーの持続時間を気にしなくてもよくなりそうなので、「カメラ付iPodテレビ携帯電話」が発売されて、カバン内に少し空きが出来そうですね。
その隙間に入り込む製品はなんでしょうか?

私だったら、薄型軽量の電子Book等を入れてみたいですね。

>tomuteさん
ありがとうございます。
僕もAppleに是非、iPod風スマートフォンがあれば、それだけでいいかな、と思っています。

ろびん

積極的なビデオiPodではなく、ビデオが見られる機能がついたiPodですからね。元々Photo機能はついていて、それの延長線見たいなもんですよね。容量そのままで値段据え置き、画面が広くなっただけでも買いかなって思ってます。

iPodにビデオ機能搭載は多くのファンが望んだ機能で、Appleも配信含め他社以上のソリューションで応えたとは思いますが、出てみると結局ジョブズが言っていた「小さい画面でビデオなんぞ見ない」ってのが正解だってことじゃないでしょうか?(^_^;

>ろびんさん
小さい画面で見ない、ことも無いんでしょうが、見るべきコンテンツ次第であることは間違いないですね。
それよりも、動画コンテンツを持ち運んで、どこででもOutputoできるという機能が重要かなと考えています。

ビデオiPodの登場は、予想より早くて驚きました。「他社より先に出す」という戦略は、アメリカ人の得意とするところですね。彼らが実現できなかった(実現にチャレンジしなかった)価値を落ち着いて追求していきたいものです。

私は携帯電話とiPodがあればとりあえずOKです
デジカメもほぼ毎日はもち歩いてます
最近の携帯電話で300万画素までいってるのは
知っていましたが、今はiTunes携帯待ちです
結局はすべてが融合した物がでるのでしょうか
私もPBユーザーでかなり持ち出してます、
Win機がにがてなのもありますが、軽量PB待ちですw

>kazuraさん
kazuraさんのカバンの中は、ケータイ、iPod、デジカメ、PB って
ことですか?(笑)カラダが鍛えられそうですね(^^;)。

Apple製スマートフォンの希望仕様としては、
- フルブラウザ
- POP/IMAP4
- MS OFFICE系文書ビューワー(keynoteも・・・)
- Outlook/iCal互換のPIM
- Bluetooth
- iTunes対応
- Front Row対応
- 無線LAN対応
- GPS
こんなところです。

michi

PowerBookを持ち歩かなくなったのなら、
今回のiPodは充分許容されるサイズでは?
小川さんのカバン事情を知らずに言ってしまっておりますが。
でも将来ビデオを本格的に持ち歩きたくなったとしたら
入れ替えも大変ですからnano程度の容量では問題がある
でしょうし、新iPodにはビデオのTV出力機能はありますし、
購入の検討余地はありますよね〜。
あ、でも、H.264並みの品質のままiPodに入るのでないとしたら、
出力した映像は見栄えのいいものでないかもしれませんね。

>michiさん
PBを持ち運ばなくなると、カバンも小さくなるんですね、これが(笑)。
それに、僕は既に旧世代iPod、mini、Shuffleも持っていて、
そのうちのどれかは持ち歩いています。動画を持ち運ぶという
ニーズは、僕にとっては買い替えを決めるほどではない、
ということになります。

mori

初めまして。

一応ビデオ出力はできるみたいですよ。
http://www.apple.com/jp/ipod/accessories.html

後、私の場合には音楽ファイルだけで15GBを突破しているので、iPod nanoでは足りないので、軽く小さくなったことはうれしいですね。

>moriさん
情報ありがとうございます。このページは見ていました。
書き方が悪かったかもしれません、nanoにビデオ機能をつけた
ときに、小さな液晶を気にするよりもOutput機能が標準であれば
そのほうが魅力的だという意味でした。

15GBをめいっぱい使ってますか。それはAppleとしても
本望ですね!

当日の発表見るまで買う気なかったですがアップルストア行ったらつい注文してしまいました。何より期待してるのはVodcastingです。それなら日本でも楽しめるし。
米国でPodcastingがウけたのはクルマ社会だからという理由が大きいとするとVodcastingが流行るのは簡単じゃないかも知れませんがどこかのTV局がニュースを流してくれないかなあとか。ITconversationみたいなコンテンツも目で見るものがあった方がよいですし。そういうの電車の中で見たいと思ってます。始まった時に手元にないと悔しいですもん。:)

>ぞふぃ さん
日本では最新の映像コンテンツを入手するには
いろいろなハードルがありすぎますね。
楽天+TBSに期待するべきなんでしょうか。

わ、早い! どうもです。
>日本では最新の映像コンテンツを入手するには
>いろいろなハードルがありすぎますね。
はい。だからまず米国で流行ってほしいんですけどね。そうすれば乗ってくれるかも、と。
>楽天+TBSに期待するべきなんでしょうか。
盛り上がれば楽天なしのTBSでもやるのでは。第二日本TVだってフジだってVoDやろうとしてるわけですからVodcastingというチャネルで売れるなら使うのでは。
ニュースコンテンツならYahoo!やライブドアでやってるのがそのまま使えるんじゃないかと思いますし。時間の問題じゃないですかね??

>ぞふぃさん
iPodのビジネスモデルに最も合うのは
やはりMTV的なコンテンツで、旬の
アーチストのプロモビデオをどれだけ
タイムリーに集めてこられるかが勝負な
気がします。
映画は長過ぎますしね、少なくとも
この1-2年は圧縮技術と容量のバランスが
とれないと・・・。

ぞふぃ

>iPodのビジネスモデルに最も合うのは
>やはりMTV的なコンテンツで、旬の
>アーチストのプロモビデオをどれだけ
>タイムリーに集めてこられるかが勝負な
>気がします。
まあ確かにアップルの人たちはiPodは音楽プレイヤーと言い切ってますが使う側はそれに縛られることはないですよね。実際Podcastingなんて音楽だけではないですし。
スカパーのMTV なんか家でもよく流しっ放しにしてますし、例えばU2のVertigoのビデオとかかっこよくて好きですが、自分には音楽はやっぱし音楽で、じっと見入るものではなかったり。電車の中や街中で音楽ビデオ観てる姿は想像し辛いです。ダンスとか観る要素が大きくなると違うかな。落語やお笑いはどうでしょう。ニュースのクリップやスポーツ中継なら“観る”中心ではまると思うんですけどね。

コメントを投稿する