オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

頑張るって何だろう?

»

おはようございます。

晴れの朝、蒸し暑さはだいぶ解消されています。窓を開けて換気して気持ちいい感じ。

===ほぼ毎朝エッセー===

「頑張ります!」と、明るくはきはき言われると気持ちがいいものですね。でも、ふと思うのです。「頑張る」って何だろうと。

その瞬間は「頑張ろう!」と思ってみてもその気持ちが持続しないものですよね。さらに例えば、長く続いて1年間頑張ってみたとします。ところが、多くの場合、あまりに変化が少なくがっかりして、「なぁんだ、頑張ってもダメじゃん...」と、いつの間にか頑張りをやめてしまいます。

インド人社員のAさんがいつも日報でQuoteを記載してくれています。一昨日のものです。

"Most people overestimate what they can do in one year and underestimate what they can do in ten years."
「ほとんどの人は1年でできることに期待をしすぎで、10年でできることを甘く見ている」。

これを読んで「なるほど!」と思ったのです。「頑張る」って何なのかを。

どうやら、心の中の意志を捨てないで、ずっと思い続けて行動することのようです。瞬間的に無理をして辻褄を合わせる頑張り方もありますが、もっと心の奥底で、継続する頑張り方もあるのです。

その頑張りは外からは、見えづらいものです。10年スパンで頑張る。そのためには、今、短期的に無理をすることではありません。体調を整えながら、持続性のある気持ちの維持が大切になるわけです。そうすれば、時間とともに大いなる成果が上がるということですね。

ちなみにこのQuoteはBill Gatesのものです。言わずと知れたMicrosoftの創始者。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する