オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

お客様の声を元に開発ロードマップを作成、現場士気が高まる

»

おはようございます。

17℃@4.30am、雨が続きます。

===ほぼ毎朝エッセー===

□□開発ロードマップ会議

開発陣が仕事が降ってくるという感覚になるのは危ないと思います。仕事は能動性をもって自律的に実施するのが正解ですから。

言葉の問題もあるのでしょう。外国人を含む一部開発者たちが、開発内容の必然性が理解できていないということに気が付いたのが2ヶ月ほど前のTMC(Ten minutes conversation:個人面談)でしょうか。

そこで、社内ミーティングの日本語議事を従来は日本語で要約していたのですが、今は英語で要約するようにし、市場や社内で何が起きているのかということをシェアすることを心がけました。

さらに、先週金曜日のユーザー会でのアンケートやご意見を受け、それらを昨日の開発ロードマップに反映するという会議は、とてもいい機会になったようです。

引用させてもらいましょう
(一部日本語がたどたどしいです)
(⇒以降は私のコメントです)==>

[Good News/Appreciation Message]
今日のロードマープ会議で、今後の仕事を知り始めました。たくさん仕事があるらしくて頑張らなければなりません。
⇒はい。メーカーというのはこういう仕事です。仕事を通じて自分たちの未来を創りだすことができる。
未来を予測する最良の方法は、それを自分で創りだすことだ。
The best way to predict the future is to invent it.
「パソコンの父」、Alan Curtis Kayの言葉です。

[Good News/Appreciation Message]
今日Roadmapの会議でe-Jan今後の発展はもっと知りました。いい製品を開発してお客様がいいじゃんといい続きたいですね。
⇒はい。お客様にいいじゃんと言い続けてもらいましょう!

[Good News/Appreciation Message]
* Nice to see the future roadmap. I can foresee there are numerous challenges ahead.
⇒I am glad that you are now a part of our future creation team! This is what we have been doing and what we will be doing.

[Good News&Thanks]
今日のロードマップ会議で、取り組むべき課題それぞれについてお客様からの期待や温度感がわかりました。今の開発の後も取り組み甲斐のあるタスクが続きます。楽しみです。
⇒お客様の要望が見える形で伝わり、それに合わせて開発できるというのはとても恵まれた事業環境だと考えています。情報を得る上でもユーザー会は役に立ちますね。

[Good News/Appreciation Message]
* Good to hear that user's conference went well. Also exciting to hear that around 70% are showing interest in R feature. Need to make some working prototype soon ..
⇒I am also quite surprised to see customers' increasing interests to R feature this year. For us, it will open up a different area penetrating into different markets.

[Good News/Appreciation Message]
After Roadmap Discussion, M san, O san and I discussed sharing release info and development progress info. I think it is useful to make all people to understand contents of new release if development goes as planned. I'm going to restart it from V5.5 R3 release briefing.
⇒The roadmap discussion was a good one. I am glad that Development members are getting to understand that each one's work, based on customer feedback, is affecting and creating e-Jan's business and future.

<==以上引用終わり。

「自分たちの未来は自分たちの今の決断、今の仕事が創り出す」

この感覚を現場が持つのはなかなか難しいことではあります。ただしこれは、ディシジョンメーキングの場を共有することで、改善はできます。

タイミング的には先週末のユーザー会でお客様より多数のィードバックをいただき、その翌営業日に開発ロードマップに反映するということになりました。ラッキーな巡りあわせでしたが、いいきっかけになったようで嬉しく思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する