オルタナティブ・ブログ > 生保のトリセツ >

「生保」というと最近は「生活保護」の略称だったりしますが、こちらは「生命保険」です。保険会社(メーカー)、代理店(販社)だと言いづらいこと、言えないことを、分かりやすく書いていきたいと思います。新規加入や見直しの際にご参考にして頂ければ幸いです。また、取り上げて欲しいテーマがあればリクエストしてみて下さい。可能な限りお答えしていきます。

生命保険選びは担当者選び?

»

生命保険に限らず、販売担当者によって商品の新たな付加価値に気づかされたり、購買意欲を痛く刺激されたりすることがあります。

また反対に、商品は気に入ったけど担当者が気に食わないので商品の購買を見送る(他で購入する)こともあるかもしれません。

ある程度の金額のものを購入する場合は、大抵販売担当者に相談することが多くなります。
特に住宅や生命保険については長い付き合いになり、単なる購買ではなく<初期設定>となりますので、それに関わる担当者は重要なポジションになりますよね。

「長い歴史があり規模も大きく、知名度があるから安心」と大手国内生保を、「最先端のネット生保は保険料が安いのは間違いないはずだから」とネット生保を選択するシンプルな思考をされる向きはそれとして、きちんとまともに生命保険の加入をしようとすると担当者によって<初期設定>が変わってくることが考えられます。

主力となる保険会社(10社程度)の保険商品のうち、各種(終身、収入保障、医療、がん、介護など)それぞれのメリット、デメリット、非喫煙健康割引の有無、診査基準の違いなど抑えているのが最低条件で、その上で適切な提案ができなければ、まともな担当者といえません。

そこで問題になるのは、そのまともな担当者をどう探し、どう見分ければいいのか、といことです。
10社以上の保険会社を扱っている代理店やショップの担当者であっても、きちんとそれぞれのメリット、デメリットを把握しているとは限りません。

また、担当者個人の資格や肩書きで、その力量を判断するケースは考えられます。

例えばFP(ファイナンシャル・プランナー)やTLC(トータル・ライフ・コンサルタント:生保大学全科目取得)などの筆記試験で得られる資格や、MDRT(ミリオン・ダラー・ラウンド・テーブル:年間で一定の手数料を稼ぐと入会できる世界共通の資格)のような販売実績で得られる資格を<まともな担当者>の目安にするなどです。

FPやTLCの試験で、実践的な細かい商品の比較論など全く出てきませんし、MDRTの入会資格者は一社専属の募集人がほとんどで、必ずしも<まともな担当者>の目安になりません。※もちろん、中には尊敬に値する方も多くいらっしゃいます

そこで<まともな担当者>であることを試す試金石となる質問を考え付きました。

「日本で一番保険料が安い終身保険はどれですか?」

極めてシンプルな質問ですが、即答できれば<まともな担当者>の可能性ありです。
※答えとなる商品を専属で扱っている保険会社の担当者は知っていて当然なので除きます。
※専属で知らなければポア(復活?)か、あぼーん(古?)扱いで。

答えはここに書くと面白くないので、ご興味がある方はコメントいただければお答えします。

 

最後に本当に書きたかったことを書きます。

生命保険加入時、つまり<初期設定>において、良質の担当者によりベストと思われる保険プランを実行できたとします。

そうなると頼りになる担当者に任せてしまって「何かあったら○○さんに言えば大丈夫さ」と安心しきってしまうでしょう。

しかし、その担当者が永遠に存在するとは限りません。
自分より年上であれば、先に現役引退してしまったり、亡くなってしまうこともあり得ます。
また、転職やリストラ、代理店廃業などで保険募集人でなくなってしまう可能性もあります。

そうなってしまったら、何かあればご自身で直接保険会社と折衝するしかありません。
単純に入院や死亡での保険金を請求するだけならまだ分かりやすいと思いますが、その他内容の修正などは、保険会社が損するようなことは、まず教えてくれません。

担当者がいれば使い倒す勢いでいいのですが、<頼りにして任せきり>状態はリスクになりかねないのです。

<初期設定>をしっかりやっておけば、想定外のアクシデントがない限り面倒なことにはなりませんが、人生何が起こるかわかりません。

最終的には、自分できちんと内容を把握して備える、という結論になってしまいます。
しかし、実はポイントは絞られます。

掛捨ての定期保険などでは、保障内容を縮小する(減額やオプションをはずす)かやめるかぐらいしか選択肢がないですが、解約返戻金が発生する終身保険などは様々なオプションがあり、それを理解していないと機能を使い切れないことがあります。

このブログの初期(昨年の1~2月ごろ)に終身保険について書き散らしています。
払い済みや契約者貸付、一部減額や年金移行などいろいろな技があり、ここら辺がメンテナンスのポイントとなります。

生命保険選びは担当者選び・・・ほぼほぼその通りですが、それだけで安心せずにご自身が終身保険に加入していたらその機能については把握しておきましょう。

何だかんだ言って、やっぱり加入時の<初期設定>が一番大切ですが、9回2アウトまでパーフェクトピッチングでも最後に逆転サヨナラスリーランホームランを打たれたら元も子もありません。

他にもいろいろ書いています。
ご興味があればお立ち寄り下さい。

保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/7586.htm

<具体的な商品の比較など月一で書いています(ほぼ月末更新)>
終身介護保険の新商品と旧商品を比較しています。

ヤフー知恵袋
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/shigotonin38
<知恵ノートはほぼ月二で随時更新、生保関連の質問にも答えています>
ご指名の質問大歓迎です。

Comment(3)

コメント

保険未熟者

保険を考えていて、ブログを読ませていただきました。
参考にさせていただきます。
ちなみに、日本で一番保険料が安い終身保険はどれですか?
ありがとうございました。

櫻井嘉彦

突然で申し訳ありません。
個別相談も可能とのことですので、メールさせていただきます。私は57歳、妻56歳でこどもはありません。現在、ニッセイに二人とも加入しておりますが、前回乗り換えを奨められたときに親身に考えてくれているとは思えなくなりました。もともと加入していた土地から転居してきましたので、担当も知らない人です。このたび4月から私の保険料がとんでもなく上がるということでやめようと思っております。しごとにん様のところでも代理店として保険を取り扱っておられるのでしょうか。保険会社の乗り換え等も含めて相談に乗っていただくことは可能でしょうか。お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

朔太郎

国内生保にだまされていたことに気がついて、だまされないように保険を勉強しています。試金石の質問の「日本で一番保険料が安い終身保険はどれですか?」という問いがなぜ試金石になるのかがよくわからないので、教えてもらえないでしょうか?

コメントを投稿する