オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

インターシステムズジャパンユーザーグループ作成

»

インターシステムズのテクノロジーを使える技術者を増やしていくというのが我々社員の大きなミッションの一つではあります。

しかし、これは典型的な鶏卵問題でして、開発者が増えることでビジネスが拡大するという側面もありますし、逆にビジネスが拡大することで付随する開発者が増えるという側面もあります。

そしておそらくどちらが先というともなく両面から攻めるしかないことだと思います。

そういうところでいまさら感がなきにしもあらずですが、フォーラム的なものを開催したいと思います。

本社ホームページからはDevelopers Connectionという開発者向けのポータルからいくつか技術カテゴリー別のフォーラムに移動できるようになっています。

これらのフォーラムは一応インターシステムズのオフィシャルな運営のように見えますが、実際の運営は社員を中心とするボランティア的なものです。

しかし、日本人には英語でディスカッションするという敷居はどうしても高く日本からの利用は皆無に等しいのではないかと思います。

ということで日本人向けのものがあったほうが良いかなと思いまして、とりあえずやってみようということになりました。

これは本社のフォーラムと同様、Google Groupsというサービスをインフラとして使っています。

Googleは、あんまりはやらないサービスは潔くすぐ止めてしまうので、このサービスもいつまで続くかわかりませんが、そうなった時にはまた別途考えるという風に考えています。

昨今はSNS的なものも広まっていますし、こういう情報の共有の方法も選択肢がいろいろあってどれにすべきか迷う部分でもあります。

(かといってどれがいいか1つ1つ比較検討するのも時間、手間がかかりすぎるという問題もあります。)

ということでこれは私個人のフォーラムであり、インターシステムズという会社としてのお墨付きがあるわけではないですが、かといって私がインターシステムズの社員であることを隠すつもりもありません。

インターシステムズジャパンユーザーグループ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する