オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

混合医療解禁?

»

医師会は何故混合医療をいやがるのか?

TPPというと米を中心とした農業ばかりが表向きは注目されていますが、アメリカの狙いは実は医療(薬、保険)分野だという説も根強くあります。

とはいえ、医師会は「混合診療を認めたら、金のある人だけが高度医療を受けられるようになって格差が広がる」と主張しているそうですが、これはやはり理解できないというか納得できません。

普通に考えれば、健康保険が適用される診療行為がカバーされていない診療行為と合わせて実施された場合には本来カバーされるべき診療行為までも保険が適用されなくなるというのはどう考えてもおかしいですよね。

日本人以外にも日本のこの変な制度について説明する機会が過去に何度かありましたが、米国人に限らずなかなか理解してもらえませんでした。(当然の結果です)

もちろん混合医療が解禁されたら、適用されない診療行為を通常の健康保険でカバーさせるよう認可させようとするモチベーションは多少落ちるかもしれませんが、全部が私的保険でカバーするしかないという極端な話にはならないと思います。

私が見落としている重要なポイントがほかにあるのでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する