オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

windows8の使用感

»

XPユーザーのための「Windows 8導入を見送るべき理由」

いくつかのシステムをWindow7からWindows8に移行しました。

個人ユースという観点では、一般操作上戸惑う面がいくつかありますが、基本的には慣れおよびカスタマイズにより解消可能だと思います。

企業ユースとなると移行の検討はより慎重にならざるを得ないと思いますが、個人ユースでは移行上の障害は特殊な事情がない限り問題なさそうです。

個人的にはあまり他ではコメントされていないですが、Windows7に比べてより安定性が増したように思います。

Windows7もそれなりに安定していましたが、Windows8に移行してエクスプローラが原因不明のクラッシュするケースが激減したように思いますし、メディアプレーヤーが動かなくなって、リブートしないと(DRM付きの動画を実行する時に顕著)解消されないという問題はほぼなくなったように思います。

ただハードウェアからみの障害時にハングして処理できなくなるという状況はたいして改善されていません。

Windows7はOS自体はかなり安定していましたが、その上のレベルの標準ツールはクラッシュしたり、その結果OSレベルにも悪影響を及ぼすというケースが結構ありました。

WIndows8ではOSの安定性はそのままにプラス標準提供のアプリケーションレベルの安定性加わったような気がしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する