オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

システム内製化?

»

コスト削減は絶対か? そろそろITベンダーの“出口戦略”を考えよう

欧米とのシステム開発形態の大きな違いに少しづつ皆が気がついてきたということなのかもしれません。

元々日本でのSIベンダーの他の国では見られない発展ぶりは、日本の雇用システムの流動性がないところから来ていると思っています。

そして、しばらくは、それでうまくいっていたのだと思います。

しかし、情報システムに求められるものが多様になって、しかも迅速性を求められるようになると、構造疲労が起こってきているということでしょう。

この記事では、SIベンダーの提案が凡庸になっているという指摘がありましたが、要は、見積もりの様々なレベルにリスク予算が埋め込まれていて、顧客側にとって魅力的な提案になっていないというところが大きいと思います。

SIベンダーにとっては、死活問題ですので、生き残るためのあれやこれやの対策を練ってくるとは思いますが、我々プラットフォームベンダーとしては、日本の特殊事情が軽減されるのは、海外の成功パターンを導入する上では、基本的にいいことのように思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する