オルタナティブ・ブログ > 「ゲーム大好き!アツめもん」 >

そのゲームコレクターの名前は酒缶。1万本以上のゲームソフトを所有するゲームコレクター。でも、彼には秘密があります。それは……ゲームの知識は全部、未来から来たみんなの人気者・アツめもんに教えてもらっていたのです! ゲームコレクターの視点でゲームについて色々と書いていきますのでよろしくお願いします。

NEWニンテンドー3DSを買ったので年甲斐もなく着せ替えを楽しんでみました。

»

2014年10月11日、新しいゲーム機が発売されました。現状のところ、専用ソフトが発売されていないので単なるハードの一バリエーションにしかなっていないのですが、いずれ専用ソフトが出る可能性のあるハード。そうはいっても、現状のソフトでも処理が早くなったり画面が見やすくなったりする可能性のあるハード。それがNEWニンテンドー3DS。ついにNEWニンテンドー3DSが発売されました。

NEWニンテンドー3DS売り場.jpg ついでにNEWニンテンドー3DS LLも発売されていますけどね。


そんなわけで、NEWニンテンドー3DSを買ってきました。

NEWニンテンドー3DS.jpg取り出した本体はこんな感じ。

NEWニンテンドー3DS本体.jpg正直言うと、発売日にNEWニンテンドー3DSを買う人は、一緒に『モンスターハンター4G』を購入しているので、真っ先に『モンスターハンター4G』を始めるところだと思いますが、『モンスターハンター4G』を始めるには『モンスターハンター4』からのデータの移行が必要なので、できればこれまで使っていたニンテンドー3DSのSDカードのデータをNEWニンテンドー3DSに引っ越したいですし、ネットを見ていると引っ越し作業で混乱している状況が分かったので、ここは別の意味でNEWニンテンドー3DSを楽しめないかと思ったところで、きせかえプレートの存在を思い出しました。

NEWニンテンドー3DSは本体の上部と下部のプレートを取り外すことができます。

NEW3DSプレート取り外し.jpgそして、取り外したプレートの代わりに別売りのきせかえプレートを付け替えれば、自分だけのNEWニンテンドー3DSが出来上がる、というわけです。

でも、いくら別売りのきせかえプレートの種類がたくさんあると言っても、どれも売っている商品。自分だけの独自性のあるプレートはないので、あんまり面白くないんですよね。

でも、売り場でいろいろと見ていたら、気になるプレートがありました。

きせかえプレート売場1.jpgきせかえプレート売場2.jpgなので、その気になるプレートを買ってきました。

きせかえプレート.jpg初期の状態の本体はこんな感じです。

きせかえ前.jpg

ちょっときせかえてみますね。

きせかえ1.jpgもう片方だとこんな感じ。

きせかえ2.jpg大半のきせかえプレートがすでにデザインされていたり、単色でも透過性がないモノなので、上から落書きするくらいしかオリジナリティを出す方法がない中で、この2つのきせかえプレートだけは透過性があるのでちょっと面白いことができるんじゃないかと思ったんですよ。

例えば、外出時にプレイしているゲームでARカードが必要になった時のために、ARカードを挟んでおくとか。

ARカード.jpg急に仕事関係の人に合った時のために、名刺を入れておくとか。

名刺.jpg外出時にeShopで買い物をしたいと思ったとき、すぐにカードを取り出せるように、こんなところに入れてみるとか。

スーパーマリオ.jpgどうせならこっちの方がいいかもしれませんね。

凛子.jpgでも、ニンテンドープリペイドカードだとちょっと厚いため、きせかえプレートがフィットしませんね。

凛子2.jpgでも、薄いモノだったら何とかなるのかなぁ、と思ったので、ちょっとそこら辺にあるデータを作って、印刷してみました。

プリント用紙.jpgきせかえプレートにフィットするようにちょきちょきと切っていくと、こんな感じ。

プリント用紙カット.jpg上部のプレート部分の紙は138mm×56mm、下部のプレート部分の紙は135mm×61mm、但し下部のプレートはネジ止め部分があるので上に若干デザイン的に余白があった方がよく、下に本体の丸みに合わせた切り込みを入れる必要があります。

これを実際に本体ときせかえプレートの間に挟んでみると。

オリジナルきせかえプレート1.jpgきせかえプレートの色が邪魔であんまり綺麗にならないですけど、きせかえプレートの色を想定してデザインを考えれば、それなりに見れるモノになるかもしれませんね。


あっ、そうか。こんなこともできるのか。

オリジナルきせかえプレート2.jpg色的にはこっちの方がいいかな?

オリジナルきせかえプレート3.jpgもっとも、電池部分は熱を持つだろうから、このように紙を入れてしまって問題ないかわからないので、しばらく様子を見ながら使ってみることにします。


ちなみに、価格.comで行っているレビューでは

ニンテンドー3DS LL レッド×ブラック
http://review.kakaku.com/review/K0000394118/ReviewCD=615491/#tab

ニンテンドー3DS LL リミテッドパック オレンジ×ブラック
http://review.kakaku.com/review/K0000588180/ReviewCD=669390/#tab

というような評価を出したので、これからNEWニンテンドー3DSについてももうちょっと調べて、自分なりの評価を出していこうと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する