オルタナティブ・ブログ > 「ゲーム大好き!アツめもん」 >

そのゲームコレクターの名前は酒缶。1万本以上のゲームソフトを所有するゲームコレクター。でも、彼には秘密があります。それは……ゲームの知識は全部、未来から来たみんなの人気者・アツめもんに教えてもらっていたのです! ゲームコレクターの視点でゲームについて色々と書いていきますのでよろしくお願いします。

BABYMETALのライブに行って着た

»

前々回の記事応募したいのに応募できない心理でも書いたとおり、「さくら学院」のクラブ活動、重音部「BABYMETAL」のインディーズシングル「ヘドバンギャー!!」の抽選に当たったので、先週の土曜日、ライブに行ってきました。会場は目黒鹿鳴館。目黒鹿鳴館はなにやらそれなりに伝統のあるライブハウスらしいのですが、そんなことは露知らずにのほほんと出掛けて行くのでした。

 

リリースライブのチケット.jpg

「『ヘドバンギャー!!』リリースライブ」は721日(土) 14:30開場、15:00開演。14;00にJR目黒駅に着くと、とりあえず場所を確認するために地図を片手に目黒鹿鳴館に着くと......。

 

BABYMETAL最初の行列.JPG

目黒鹿鳴館の中から結構長い行列ができていました。ライブハウスから行列ができているので、ここに並べば間違いない、と思って、そのまま並んでいると、なぜか少しずつ行列が前へと進んで行きます。「まだ開場前何だけど?」と思っていると、目黒鹿鳴館の中へと突入します。

 

すると、さっき並んでいた人が、グッズを持って出ていくんですね。「なぜ?」と思っていたら、行列の先には物販コーナーがありました。今回のライブは抽選ですが、グッズ販売は抽選で外れても買えるようになっていたので、ライブ開始前に物販をやっていたんですね。どうりで、Tシャツを持って買える人がいっぱい横を通過していたわけです。

 

CD付きのTシャツやDVD付きのバスタオルの販売はありましたけど、それらは別で注文をしているので、今回はパス。でも、折角並んだのだから何か買いたいと思って見ていると、今回のライブの記念Tシャツとリストバンドがあったので購入。

 

BABYMETARLTシャツとリストバンド.jpg

物販の購入を終えて外に出てみると、係員の方がチケットの整理券の順番に整列させている状態だったので、改めて行列の後ろに戻り、整理番号117番として行列に並び、いつの間にか降り始めた雨に濡れながら14:50頃にライブハウスに入りました。

 

BABYMETAL行列.jpg

目黒鹿鳴館.jpg

このライブ会場は椅子がなく、スタンディングなのですが、ライブ会場に入ると、すでに入っている100人超の方々がなぜか前の方にぎっしり詰まっています。あまり状況をわからないまま、その後ろに立っていると、次々と後ろに人が増えていき、最終的には乗車率200%の電車の中のような状況に。何も考えずにカバンを持って入っているので、カバンが引っ張られると全く身動きが取れなくなるため、カバンを死守しながらの気が気でないライブへと突入します。

 

ライブの開園予定は15:00ですが、実際にライブが始まったのは15:10くらい。会場内の激しい動きにのみ込まれて、ステージ上もあまり見えない状態で、曲はどんどん進んで行きます。ボクのポジションは開場中心より若干左側にいたため、BABYMETALが通常のフォーメーションの時は上手だけが見え、ステージ前方の踏み台が使われているときは下手だけが見えるという微妙な状況。要は左右にポジションチェンジするYOUMETALとMOAMETALは時々見えるけど、SUMETALはほぼ見えない状況。満員電車でカバンを死守して、時々人と人の間に挟まって引っ張られる髪を戻し、倒れないように耐えながら、激しい音楽を体で感じて十分にノッているけど、実は冷静に曲を聴けていません。だからうっすらとしか曲目を覚えてないんですけど、多分、曲目はこんな感じでした。

 

01. ド・キ・ド・キ☆モーニング → いいね! メドレー(?)

02. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト

03. イジメ、ダメ、ゼッタイ

04. ヘドバンギャー!!

 

  

15:30にはライブが終了したけど、300人が外に出るには時間が掛かるため、外に出られたのは15:45ころ。ライブって結構活動時間が短いことを実感。

 

続いて、しばらく休憩しながら、作戦を模索。とりあえず荷物を持っているとライブに集中できないので、モノを収納できるところはないかと探してみたところ、JR目黒駅でロッカーを発見。

 

目黒駅のロッカー.jpgしかし、ロッカーを更に調べてみると......。

 

ロッカー空きなし.jpg

ロッカーを使用することができず、ライブの開場時間の18:00が迫ってきたので、カバンを持ったまま、再び目黒鹿鳴館へ。

 

コルセット祭りの行列1.jpg

コルセット祭りの行列2.jpg

コルセット祭りチケット.jpg

18:10に首にコルセットを付けて入場。しばらくは昼の部同様の待機時間となって、18:35ころライブスタート。さっきよりもボクの立ち位置は中心に近かったため、上手も下手もいまいち見えず、ポジション取りは最悪でした。目の前に比較的背の高い人がいたことも、ステージが見えない原因の一つですが......。で、今回の曲目はこんな感じ。

 

☆.骨男のムービー

01. ド・キ・ド・キ☆モーニング

02. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト

03. いいね!

04. イジメ、ダメ、ゼッタイ

☆、幕が下りて骨男のムービー

05. ヘドバンギャー!!

 

幕が下りた後の骨男のムービーで10月のライブの発表がありましたけど、会場内では全然気づかず、ネットのニュースで詳細を知る始末。19:05にはライブが終了し、外に出られたのは19:15ごろ。結局、2つのライブで正味45分くらい動きまわって、かなり興奮しながらも憔悴した状態での帰宅となりました。

 

ライブ、やっぱりいいですね。「BEBYMETAL」は、YOUTUBEに置かれているオフィシャルの映像や、iPhoneやCDで何度も曲を聴いていたのですが、ライブの興奮はまた違ったモノ。ステージの上にいるのはまだ14才と13才の少女なのに、会場は最高潮に盛り上がるんですよね。そして、実はこれだけ毎週「さくら学院」と書きまくっているのに、「さくら学院」のメンバーを直接見るのは初めてだったので、自分の中で更に色々な興奮が重なったライブになっていたのだと思います。


 ライブに来ること自体が10年以上ぶりだったため、ライブの興奮自体を忘れていたのですが、またライブに行きたいな、と実感できるライブでした。また、ライブってカバンなんか持っていちゃダメだろ、とか、メチャクチャ汗かくよ、とか、普段ライブに行っている人にとっては常識的なことを体でしっかりと認識できたので、自分にとって大変意味のあるライブになりました。

 

で、今回はライブの記念Tシャツを購入してきたのですが、

 

コルセット祭り記念Tシャツ表.jpg

コルセット祭り記念Tシャツ裏.jpg

当日、ボクはこんなTシャツを着ていました。

 

源平討魔伝Tシャツ表.jpg

『源平討魔伝』

 

源平討魔伝Tシャツ裏.jpg

「ヘドバンギャー!!」の歌詞に「伝説の黒髪を華麗に乱し」とあったので、「赤髪を華麗に乱し」そうなTシャツをチョイスしたのですが......ゲーム好きが集まるような場ではなかったので、周りの反応は皆無でした。

 

ただ、ゲーム好きだったら、ゲームTシャツを着るのは、とても健全なことだと思うんですよね。その時の状況に合わせて服をチョイスできるようにできれば更にベター。なので、今回は、mars16のゲームTシャツの中から、ボクが持っているナムコタイトルのTシャツを紹介します。

 

ギャラガTシャツ表.jpg

『ギャラガ』

 

ギャラガTシャツ裏.jpg

 

ディグダグTシャツ表.jpg

『ディグダグ』

 

ディグダグTシャツ裏.jpg

 

ゼビウスTシャツA表.jpg

『ゼビウス』

 

ゼビウスTシャツA裏.jpg

 

 

ゼビウスTシャツB表.jpg

『ゼビウス』

 

ゼビウスTシャツB裏.jpg

 

 

ドラゴンバスターTシャツ表.jpg

『ドラゴンバスター』

 

ドラゴンバスターTシャツ裏.jpg

ゲームTシャツじゃなくてもいいのですが、ただローテーションでTシャツを着るのではなく、その日の気分やイベントに合わせてTシャツを着れるとより楽しく生活できると思うので、皆さんもお気に入りのTシャツを増やしてみてはいかがでしょうか?

 

さくら棚20120729.jpg

  

「さけかんの ゲームコレクターレベルが あがりました!」

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する