オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

モノタロウのスプレー缶事故で問うネット広告・Web担当の責任

»

非常に痛ましい事故が起きてしまいました。モノタロウが委託したスプレー缶の処理で爆破事故があり、未成年を含む複数の死傷者がでました。報道を引用します。

日経新聞 :火災は高槻市の産業廃棄物運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。現場で同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの社員、山西潤さん(36)とみられる男性が死亡した。山西さんの次男(13)とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。

NHK警察によりますと、スプレー缶は兵庫県尼崎市にある取引先の通信販売会社「MonotaRO」から持ち込まれたもので、この会社の社員や関係者が3週間前からおよそ3000本のスプレー缶のガスを抜く作業をしていたということです。

この事故は、スプレー缶が大量で、3週間という長期間の処理、かつ、未成年を含む社員以外も死傷という3つの特徴があり、どんな安全管理をしていたのかが疑われる事態です。

  1. 大量:処理した本数は、札幌の25倍にあたる3000本。一箱30本入りで18kgという商品があり、容器も含めての推定重量は約1.8トンになります。
  2. 長期間:3週間に渡り処理
  3. 社員以外も死傷し、一人は未成年:20代と13歳の息子も事故に合う

3000本のスプレー缶は台風で水没したものだそうです。産廃業者に処理を依頼したといっても、トン単位のスプレー缶の処理の大変さはモノタロウ理解すべき事案でしょう。

ネット広告やWeb担当者が負う責任とは?

この事故の原因究明、責任の所在の判明、そして再発防止策が待たれます。そういう中ですが、私の身近な仕事でもあり、ネット広告やWeb担当者はいち早く動いて対応して欲しいことがあります。

検索広告の中でも、とりわけ「モノタロウ」などブランドキーワードに対する検索広告は即刻止めるべきです。

Monotaro.png

これが検索結果の画面ですが7月9日 15時40分現在、ブランド検索した時に表示される検索広告は掲載が続いています。

購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく、悪い評判がつくリスクが大きい状況です。報道にある会社のコメントは

日経新聞:モノタロウは「今村産業とは廃棄物に関する取引をしていたが、缶の処理の経緯は確認中。警察の捜査に協力する」としている。

とだけで、コミュニケーションメッセージが決まってないのは分かりますが、ひとまず、ブランド検索は止める 判断を取り付けるべきでしょう。

一方、Webのメインサイトには、速報的なお知らせ枠はあっても、今回の事故に対するコメントはまだ載っていません。

Monotaro-top.png

伝えるべきメッセージがまだ決まってないのだろうと思いますが、技術的に可能であればその前に、別のメッセージ、今回だと特定商品の自主点検のお知らせを一旦この枠から下げるだけでも現場で進められればと思います。

Webやネット広告は売上の場とか販促の手段の前に、企業のコミュニケーションの一部でもあります。事件や事故という緊急の問題に対応することが責務である、そう私は考えます。

最後になりますが、この事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに事故にあわれた皆様の一日も早いご回復をお祈りいたします。

2019/07/10 13時追記
ブランド名での検索広告は止まっているのを確認しました。また、上部の新着のお知らせ表示が消えているのも確認しました。
意見はいろいろあるかとは思いますが、マーケティングおよび外部とのコミュニケーションとして、ブランド名検索の広告は止め、お知らせするべき大事な情報が別途あるという状態になっている今の方がよりいいと考えます。

会社としてのコメントがまだ出てないのは遅くて問題という意見も目にしますが、過半数の株を米国Granger社が持つという外資系企業ではなかなかままならないことがあります。まずは事故を受けて対応を始めていることは評価されるべきことでしょう。
検索結果: 上部に表示されていた 広告が消えている

FireShot Capture 243 - モノタロウ - Google 検索_ - https___www.google.com_search.png

トップページ:ジャスト と出ていたお知らせが消えている
FireShot Capture 244 - 工具通販 MonotaRO(モノタロウ) 現場を支えるネットストア - https___www.monotaro.com_ (1).png

Comment(8)

コメント

匿名

あなたの意見は尊重しますが、「購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく」という部分のデータによる裏付けが弱いと思います。勿論世俗的な評価は下がるでしょうが、それがどの程度売上に影響するかは業態によるところが大きく、確たるデータなしに判断するのは難しいのではないでしょうか。
私は確たるデータ無しにこのような記事を書くことに対するあなたの責任を問います。

坂本英樹

詳しく書かなかったんですが、検索広告の運用をやってたのでデータを見てきた経験的に、いつもと違う動きをする、ニュースになった時にブランド検索の広告を出すリスクが大きいという知見があるためこういう意見を述べました。また、テレビCMとかやるマス広告の世界だと何かトラブルがあると急ぎ止めるのがセオリーだとも聞きます。批判を受ける会社が広告を続けるリスクがあるわけです。このあたり、「それでも売上に貢献するから止めるな」という意見があるのは知ってますけど、社会とのコミュニケーションという視点で見て早めに止めるほうが会社のためになる、そういう知見を持っている次第です。違う意見の人が居るのはわかります。

匿名

大量の廃棄物だからこそお金を支払って処理をする、これのどこに問題があるのか理解ができません。また、自社の過失で起きた札幌の事案と比較するのは、とても無理があるし、このことでモノタロウへの批判につなげて何の意味がありますか?

匿名

産廃は最終処理が終わるまでをマニフェスト(どっかの党が始めた奴じゃなく)で管理して適切に処理された事を確認する必要が有るんですよ

匿名

委託された産廃業者の範疇の責任ではないですか?
この事でモノタロウの広告を止めることに何の意味があるのでしょうか?

やまちゃん

「検索広告の中でも、とりわけ「モノタロウ」などブランドキーワードに対する検索広告は即刻止めるべきです」

「購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく、悪い評判がつくリスクが大きい状況です。」

 たしかに、テレビ広告や新聞広告であれば広告を下げたか否かは分かりにくいです。しかしながら、ネット広告においては(下げたりすることで)検索結果に「違和感」が出るわけで分かりやすいため、それはそれで「目立たぬようにしている」「隠蔽をはかっている」といったマイナスな側面を出すのではないでしょうか??

 また、「売り上げ向上の効果は少なく」といえども、モノタロウは事業者向けのネット通販で一定の「固定客」はあるわけですし、現状、プレスリリースに含めないことについても、捜査段階であれば書けないこともありえます。(ただ、委託先ではなく自社のお社員さんが亡くなられているので見つけやすいところに記載があるべきとは思いますが)

 個人的に執筆者さんは、もう少し大局的な見地でものを見られた方が良いような気もしますね。。

匿名

工作員が大量に沸いてますね。

名無し

下請けのやった事だから関係ないってか?
大企業の悪いとこ
モノタロウは終わりだ

コメントを投稿する