オルタナティブ・ブログ > データイズム >

記録するジャーナリズムから、測って確かめるデータイズムへ

シャープやパナソニックやソニーの凋落の原因はマーケティング志向不足

»

広告代理店は、広告だけをやっているわけじゃなくて、コーポレートアイデンティティとか販促戦略とかいろいろ提案して実行する企業だとは思います。でも。

広告は、シャープやパナソニックやソニーをはじめとするクライアントの「本当のファン」を作れてこなかった。

という悔恨は、日本における広告偏重、マーケティング不足、という病理を端的に表していると感じました。

広告でブランディングはできないのだから広告代理店が悔いるなんていうこと自体が日本の後進性の表れであり、その間違いに日本人がいかに早く気づくかが重要です。

言い換えると、代理店任せで企業の経営の内部でマーケティングやブランディングをどうするか突き詰めて考え、主導して実行してこなかった。あるパラダイムが永続的なものと誤解して、販促のプロたる代理店に丸投げが続いたのが凋落のポイントだと思います。

http://www.satonao.com/archives/2013/03/post_3511.html

www.さとなお.com(さなメモ): シャープやパナソニックやソニーの凋落を、広告人や広告会社はもっと恥じるべきじゃないかな via kwout

広告は広告で重要だと思いますし、消費者や企業間の結びつきを強めるのにも大事です。

しかし、そもそも、その企業自身が何を目指し、どう訴えるのかは企業自身が考え、決めていかねばならないことです。成功している企業と比べて、失敗した日本の家電メーカーはブランドを育て発展させること、社会に革新と変化をもたらし、競争のルールを変えていくこととかに無関心すぎたのではないかと思います。

著書「マーケティング22の法則」で有名な、 アル・ライズ、 ジャック・ トラウトは日本向けの再販の寄せ書きで、韓国や中国からはコンサルティングを頼まれるのに、日本からはなぜ依頼が来ないのだと嘆いています。ポジショニングやブランディングをよく理解し、エッジが効いた戦略を打ち出す、韓国や中国企業に日本のメーカーが負けるのは必然だとでも言わんばかりです。

先日のeneloopブランドをないがしろにしたパッケージデザイン変更もそうです。広告重視の経営を捨て、マーケティングやブランディングの基本に戻ることこそが苦戦する日本企業に求められています。日本再生のためには、「戦後の日本的経営」の敗北を認め、懺悔し、生まれ変わることが必要です。マーケティング志向、ブランディング戦略などで負けたと正しく理解すれば、立ち直る日も遠からず来る、そう、そう確信しています。

Comment(2)

コメント

Cauitie Ocada

坂本さん。お書きになっていらっしゃることに大きく賛成です。 
私はさとなおとは、よくお互いを知り合っておりますが、この度の主張にはまったく与いたしません。
私は現在の日本の製造業の苦境は、高度成長期に「よいものを安く」というパラダイムで成功体験を積んだこれらの会社が、「製品販売」をすることに終始して、情報やサービス、人々の心証などを伴った「商品」によって価値提供を商うというマーケティングを身につけていないことによるものと考えています。
工場品質主義だけで、商品マーケティングのないままに「本当のファン」が作れたかどうかを論じることはナンセンスですし、ましてやその行為を「広告コミュニケーション」が担ってきた、あるいは担うべきような書き口はそもそも広告コミュニケーションを過大評価しているように感じざるをえません。

実は、私はここ数年間で、実に多くの、日本を代表するような何社かの製造業の社員が「ブランドマーケティングはどのようにすれば勝てるかよく分からないし、実際のところつらいことが多い。メーカーに徹して、OEMをしている方が正直いえばラクなのだ」と異口同音に口にするのを聞き、たいへんに危機感を覚えていました。
さとなおのいうとおり、広告会社の人々が「恥じ」たところで、それだけではまったくこの事態は変わらない。考え直すべきは当の製造業でしょう。
今日の新聞紙上も米国市場で日本車が苦戦していることが報じられています。業種を問わず、日本の製造業はこの苦境の中で、大きく考え方を変え、商品、商品を通じた価値提供、私のことばでいえばブランドを商うことを身につけなければ、二度と再び世界市場でのポジションを取り戻すことはできないだろうと思料します。

坂本英樹

Ocadaさん、Facebookからお越しいただきありがとうございます。
高度経済世知長期のブラウン管テレビとか、アナログ技術がものを言った時代に最適化して日本企業は日本企業同士で効率化、最適化を競い合ったと思います。自動車はまだ海外企業との競争が続いていましたが、家電は一時期世界制覇の様相でした。
そこで最適化、分業化しすぎて、変化を起こす、パラダイム変化を起こすというところが弱くなってしまったのではないかと思います。
広告代理店は広告代理店でコンサルティングとかやれることはあるのでしょうけど、依存しすぎた状態から抜け出し、自ら事業戦略と表裏一体のマーケティング戦略・ブランディング戦略を立案できる会社が、復活、新興できるのではないでしょうか?

コメントを投稿する