オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

ひとめでわかる米国携帯事情 〜 2011年末にスマートファン比率50%超か

»

Toru_saito_300_2
Name_4
Blank


ニールセンから、2010年10月の米国携帯市場分析が発表(元リリース)された。

Usmobilemarketoct20101_2

米国内での全携帯におけるスマートフォン占有率は約30%に達している。またスマートフォン内のシェアでは、トップがiOSで28%、BlackBerryが27%、Androidが23%となっている。なお、この図は、特定期間の販売台数ではなく、利用台数をあらわしている。

このニールセンデータに基づき、企業アナリスト、Horace Dediu氏がブログ(Asymco)で発表したグラフが秀逸なので紹介したい。ちなみに、このAsymcoは、最近話題になっているハイテク市場分析系ブログで、元NokiaのアナリストだったDediu氏によるもの。開始経緯などについてはこちらのブログ記事「企業内アナリストは虚しいからブロガーになった」をご一読あれ。

Screenshot20101204at61147am

左側がニールセン発表の実績、それに対して右側はHorace Dediu氏の予測値だ。Q310の情報は、このブログの最初に紹介したチャートと一致している。

Horace Dediu氏の予測では、2011年末の時点でスマートフォンは米国携帯において50%のシェアを占め、かつAndroidがiPhoneをおさえトップ シェアOSとなっている。また、この勢いを見ると、2011年以降、Android携帯が市場のかなり大きな部分を占める可能性を示唆しているようで大変 に興味ぶかい。
 
 
また同時に、スマートフォン購入意欲についてのアンケート結果も発表されたので参考まで。

Usmobilemarketoct20103

このチャートは、現多機能携帯所有者と、現スマートフォン所有者に対して、次にスマートフォンを購入するとしたら、どの種類にしたいかという調査だ。多機能携帯所有者にはAndroidが、スマートフォン所有者にはiPhoneが人気との結果が出た。これは現時点でiPhoneがトップシェアであることにも起因しているだろう。

Usmobilemarketoct20104

これは年齢別チャート。若い世代ほど、具体的な希望機種がある。また全世代において、次期購入スマートフォン候補でiPhoneとAndroidが拮抗している様が伺える。

Usmobilemarketoct20105

さらに、性別で見ると面白い。女性がiPhone派が多いのに対して、男性はAndroid志向が強いこと。女性がデザインやブランドを大切にするのに対して、男性は機能志向であることをあらわしているのかも知れない。
  

Check


記事裏話やイベント紹介、講演資料DLなど、In the looop ファンページこちら



【スマートフォン・タブレット関連】
Android広告が大飛躍、この10ヶ月で22倍の急成長か (11/19) 
モバイルユーザーは、アプリよりブラウザがお好き? (10/28) 
米国スマートフォン最新シェア調査、Androidが絶好調 (10/6) 
Appleがモバイル広告で一気にトップシェア、Googleは大幅ダウン (9/27) 
iPad,iPhone米国購入者調査 - iPadユーザーの4割は年収10万ドル超 (8/8) 
iPadの新しいユーザー体験が創りだす,3つの革新的なビジネス特性 (6/10) 
スマートフォン最新動向を総まとめ - iPhone vs Android の先に見えるもの (4/26) 
HTML5のインパクト ~ それを巡るAppleとGoogleの呉越同舟 (2/8) 
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3) 



斉藤Twitter,ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
斉藤Facebook,友人申請はお気軽にどうぞ。 http://facebook.com/toru.saito

Facebookファンページ In the looop はこちら http://facebook.com/inthelooop
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する