オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

ニールセン最新統計を発表。iPhone,Android等スマートフォン,多機能電話の人気アプリ・ベスト5とカテゴリー別シェア

»

ニールセンが最新のモバイル・アプリ調査結果を発表(元記事:Nielsen)した。米国で1ヶ月以内にモバイル・アプリをダウンロードしたユーザー4200人を対象にしたアンケート結果で,調査期間は2009年10-12月だ。

なお,基本調査対象の基本データは次の通り。

  • 2009年10-12月では米国携帯電話契約者の21%(前四半期比は2%増,前年比7%増)はスマートフォンを所有
  • 米国携帯電話所有者のうち,14%がアプリを一ヶ月以内にダウンロード
  • 平均所有アプリ数は,スマートフォンが22個,多機能電話が10個
      うち) BlackBerry: 10個
          iPhone: 37個
          Android: 22個
          Palm: 14個
          Windows Mobile: 13個

 
まず米国スマートフォンと多機能電話におけるモバイルアプリの人気カテゴリーは以下の通りだ。
 
Appplaybook

【出所: Nielsen】

 
いずれも「ゲーム」がトップで6割前後となっている。二位以下の人気カテゴリーは,多機能電話では「音楽」「ソーシャルネットワーク」「ニュース」「地図」,スマートフォンでは「ニュース」「マップ」「ソーシャルネットワーク」と続いている。

さらに個別アプリで見ると次の通りだ。

Topsmartphoneapps
【出所: Nielsen】


このグラフ以外でニールセンが指摘しているポイントはいかの通り。

  • Facebook以外のソーシャルネットワーキングでは,10代にはMySpaceが,25-44才にはLinkedInが人気
  • ショッピング分野では,Amazon(57%)とeBay(41%)がリード
  • マップ検索分野では,男性に偏りが見られる。特にInstamapper(GPSを利用したマップ検索アプリ)では80%が男性
  • ビデオ/ムービー分野では,やはり男性が偏りが見られる。ImeemとMoviefoneは若年層が特に多い
  • 音楽分野のうち,iTunes,Pandora,SirrusXMは男性が多く,YahooMusicはほぼ均等
 

参考まで,ガートナーが発表した世界のスマートフォン・シェアも掲載しておきたい。(出荷台数単位は,千台)

Fig1_5    
【出所: Gartner】

   

【スマートフォン・タブレット関連】
米国スマートフォン市場,2010-Q1推定出荷シェアでAndroidがiPhoneを上回る! (5/11) 
iPad予約前にチェックすべき3つのポイント - 3Gは日本が世界最安(税込)らしい (5/9) 
iPadアプリ「オムニグラフ」,発売1ヶ月で早くも売上2250万円突破! (5/7) 
iPad,発売28日間で100万台達成とAppleが正式発表。初年度販売台数は700万台超か? (5/3) 
国内外スマートフォンの最新動向を総まとめ - iPhone vs Android の先に見えるもの (4/26) 
HTML5のインパクト ~ それを巡るAppleとGoogleの呉越同舟 (2/8) 
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3) 

 
    

斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する