オルタナティブ・ブログ > In the looop >

海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

日本でも4月末発売決定。iPadはどれくらい売れるのか?

»

iPadの発売日がいよいよ正式に決定したようだ。

Apple、「iPad」Wi-Fi版を4月3日に発売――Wi-Fi+3G版は4月後半 (ITmedia, 2010/3/5)

米国の4月3日を皮切りに,4月中には世界中で次々と発売される。日本では4月末の予定とのこと。

Ipad1_2

これに対して,ガートナーは独自最新調査で,iPadをはじめとするタブレット型PCの2010年販売台数を1050万台と見積もっている。

タブレット型端末、今年の出荷は1,000万台を超える勢い (Computerworld, 2010/3/5)

参考まで,モルガンスタンレーが昨年後半に出した予測だとタブレット型PCは2010年に800万台だが,2013年には4900万台まで成長すると予測していた。

Mob2_2
Mob1_2

くわしくはこちらへ
スマートフォン,タブレット,ネットブック等 多様化するモバイル端末の普及予測 2006-2013年 (2009/12/28)

さて,ではiPadはどのくらい売れるのか?

現時点では,神のみぞ知ることだが,昨日,それを占う意味で大変に興味深いリサーチ調査結果がChangeWave Research社から発表されたので紹介したい。

New Survey Shows Huge Wave of Apple iPad Demand Striking Amazon (InvestorPlace, 2010/3/5)

アンケート対象は3171人の消費者,アンケート時期は2010年2月,Appleから正式なiPad製品のアナウンスメントがあった後だ。

Fig1

まず,iPadの購入意向についてだが,4%がVery Likely(かなりの確率で買う),9%がSomewhat Likely(まあまあ,購入に興味がある)となった。

参考まで,1月27日の正式アナウンス以前に,まだiSlateという仮称で同様のアンケート調査をしたときには,それぞれVery Likelyが4%,Somewhat LIkelyが14%だったとのこと。

製品スペックなどが明確になったことによってSomewhat Likelyは5%減ったが,発表後も消費者の4%は強い購入意欲を持続している。

Fig2

参考まで,iPhone出荷前にも,ChangeWave Research社では全く同様のリサーチを行なっている。それによると,iPhone時のLikelyが3%,Somewhat Likelyが6%となっていた。iPadに対しての出荷前購入意欲はかなり高いことがわかる。

参考まで,初年度のiPhone出荷台数は約610万台だ。このリサーチ結果が正確だとすると,iPadはiPhoneの初年度出荷台数を上回り,700-800万台まで到達する可能性があることを示唆していると言えよう。

Fig3

すでに電子書籍リーダーを所有している消費者(Amazon68%,Sony10%,他22%)を対象として,電子書籍リーダー市場へのインパクトを測定するためのアンケートが続いている。

もしiPadが購入時に出荷されていたら今のリーダーを選択したかという質問に対しては,45%がYes,27%がiPad購入,30%がわからないという結果だった。

Fig4

さらに90日以内に,iPadを含む電子書籍リーダーを購入する意思がある消費者を対象として,どの機種を購入したいかをたずねたところ,40%がiPadと,Kindleの28%を大きく上回った。

すでに電子書籍リーダーで7割程度のシェアを持つと予想される王者Kindleを,発売前の購入意欲では大きく上回っている点は注目したい。ただしこのアンケート時点ではiPadの正式な価格など未発表である点は要注意だ。

Fig5

全アンケートで40%となっていたiPad購入希望者を対象として,その利用意図の質問へは,68%がインターネット閲覧,44%がメール送受信となっており,電子書籍専用機器ではない点が強みになっていることが予想される。そしてこれらはいずれもカラーやマルチタッチが重要となり,その点が現Amazon Kindleのウィークポイントといえそうだ。

ただしAmazonも手をこまねいているわけではない。次世代Kindleではカラー,マルチタッチに取り組んでいるようだ。
Amazon's Working on a Full-Color Multitouch Kindle With Wi-Fi (Gizmode, 2010/2/8)

Fig6

さらにiPad購入希望者に購入タイミングを聞いたところ,直後というユーザーは6%と少なく,リリースの4-6ヵ月後が23%で最も多かった。これはソフトウェアリリースや通信サービス,さらに競合製品もしっかり見極めたうえで購入するとの意向と予想される。
  

米国消費者3171人へのアンケート,いかがだったでしょうか?日本においては,通信キャリア選定(ドコモ vs ソフトバンク)も終えておらず,まだ見えない点が多いですが,現時点での皆様のiPad購入意欲をアンケートさせてください。



票結果はリアルタイムに集計され,いつでも閲覧可能です。
電子書籍リーダー購入のご参考にしていただければと思います。

(注)このブログはIT系イノベータ/アーリーアダプター比率が極めて多い(例えばブラウザ比率で言うと,Firefox40%,IE24%,Chrome19%!と一般比率と大きく異なっています)ので,一般より高めの購入意欲率となることが予想されます。その点お含みおきください。

 
【参考記事】
「携帯・モバイル・タブレット」 カテゴリー記事集



この記事をtwitterでつぶやく ⇒ この記事をつぶやく   このブログを購読する ⇒ このブログを購読する

【最新記事】
【最新版】Facebook ビジネスモデルを徹底分析 ~ mixi,GREE,モバゲーと比較 (3/2)   
【速報】果敢にソーシャルメディア上で顧客と対話をはじめたトヨタ。がんばれ! (3/2)    
【速報】Twitter社が全ツイートにアクセスできるAPIをベンチャーに開放!その真意を探る (3/2)   
世界のマーケッターが選ぶ企業ツイッター活用術 ~ 9つの超定番 (3/1)   


【自薦記事】
プレゼンテーションZenに学ぶ 「プレゼンはシンプルで行こう」 (2/22) 
HTML5のインパクト ~ それを巡るAppleとGoogleの呉越同舟 (2/8) 
企業Twitterは「顧客-社員-経営者」を結ぶ情報パイプラインとなる (1/20) 
Google vs Apple vs Microsoft ~ ひと目でわかるモバイルOS戦争の構図 (1/3) 
米国専門家36人によるトレンド予測 ~ 2010年,ソーシャルメディアはどうなるか? (1/3) 
Googleは20%ルールによってイノベーションのジレンマを回避している (12/21) 


【自薦シリーズ記事】
米国ザッポス「顧客にWOW!をお届けする」奇跡の経営,その本質を探る (12/5) 
企業Twitter開局大作戦 ~ 「第一話 Androidタブレットを販売せよ!」 (1/9) 


【in the looop はてぶトップ3記事】
1位 Google Readerであらゆるページを購読可能に ~ 自動RSSフィード生成機能 (1/26) 
2位 個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃 (12/30) 
3位 mixi,モバゲー,iPhone 徹底比較 「どのアプリが一番儲かるか?」 (12/1) 


斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する