オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

安倍総理の進退に思う - 「責任を取る=辞める」か?

»

ご存知の通り、先日の参院選では自民が惨敗しました。2005年の衆院選では圧勝だったので、この様変わりはいったい何だ?という感じですね。少なくとも、政党で投票が決まるなんてことは既に無いようです。

ところで、民主党の比例代表でトップ当選となった相原氏は、社保庁の悪しき就業ルール「45分働いて15分休憩」を是認しているとのことでびっくりです。民主党に投票した人、知ってましたか?

さて、投票結果を受けて、記者や評論家の関心は「安倍総理は責任を取るのか?」の一点に絞られており、イコール「首相を辞めるのか?」という意図が明確です。

日本だけなのかどうか分かりませんが、マスコミには「責任をとる=辞める」という共通した認識、あるいは、意図的な言葉遣いがありますね。マスコミだけではなく、自民党内部でもそんな「責任問題」が議論されているとか。この場合の「責任を取る」というのはハラキリのような最期をイメージさせます。

私は、自民党が「改革」を訴え続けて選挙に負けたのであれば、民意は「反改革」であるのだから、主導を野党に譲りつつも、自民党は相変わらず「改革」政党であり続ければ良いではないかと思います。それが「責をまっとうする」という意味ではないでしょうか。

国民が与党に改革を期待しているものの、安倍総理や内閣にその資質が無いのであれば交代を考えればよいでしょう。しかし、改革路線を突き進む前提で安倍総裁を選出したのですから、安倍総理に辞めろというのはおかしな話です。

私が解せないのは、「民意が反改革だから自民党は体制を一新して反改革に歩み寄るべきだ」といった空気があることですね。これが最も「無責任」ではないでしょうか。気持ちは分からないでも無いです。いつだって改革派がマジョリティになるのは難しいですから(2005年衆院選を除く)。

Comment(11)

コメント

himat

普通に政策選択を迫って負けたのなら、辞めなくとも済むと思いますが、相手が負けたら辞めると言ったのを受けた後で、私を取るか小沢を取るかと選択を自ら迫っておいて、国民からあんた要らないと言われたのに、それでも首相の座にしがみつくのは、やっぱり無責任じゃないでしょうか?
口ばっかりで、どうせ辞めないだろうとは思っていましたが、自らの発言に責任を持つならば、今回の発言に対して責任を取るならばやっぱり辞職すべきです。
あくまでも発言に対する責任で、負けたことに対する責任じゃないですよ。

ruchida

himatさん、
コメントありがとうございます。「私を取るか小沢さんを取るか」の意図が改革か非改革かの選択であれば、単に民意が「非改革だった」というだけで別に辞める理由も無いのではないでしょうか。ある党の総裁選びで安倍さんと小沢さんの一騎打ちになっているのであれば別ですけど。

passerby

安倍さんは「私と小沢さんとどっちが首相にふさわしいかも国民の考えを聞く」とまで言ってますよ。
その意図するところは明白でしょう。

Ruchida

passrbyさん、
はい、言葉の意味は明確に分かりますが、なぜ「辞める」という発想に繋がるのでしょうか。ついでに、選挙前に小沢さんが「負けたら辞める」と発言したことも非常に気になります。なぜみんな辞めるのか、辞めさせるのかよく分かりません。頂上の1人がハラを切れば周辺の人は「責任なし」になるからでしょうか。記事が書きやすいからでしょうか。

にゃーす

おはようございます。
安倍さんに期待されていたのは、小泉さんの後継として指導力ある首相という像ではないでしょうか。
国民の多くはそう望んでいたと思うし、自民党も選挙に勝てる人をと言って安倍さんを選んだ。
改革とか半改革はあまり関係ないと思うのですね。
だから、指導力を発揮できない、選挙に勝てないとなればやめろという話が出てくるわけなのです。
政治的な主張がどうこうよりも、人気がすべて。
というのが、残念ながら今の日本の政治なのではないでしょうか。まぁ無責任だなぁとは思います。

c.d

>ところで、民主党の比例代表でトップ当選となった相原氏は、社保庁の悪しき就業ルール「45分働いて15分休憩」を是認しているとのことでびっくりです。
安倍首相は、労働者の過労死を大量発生させる「ホワイトカラーエクゼンプション」法案を推進していましたが?。
「安倍首相=改革」という構図がお好きなようですが、小沢代表は地方の1人区を回って、地方切り捨ての政治を「改革」しようとしました。
政治資金の問題についても、国民は「改革」を望んでいたのではないですか。「格差是正」についても有権者は現状を「改革」することを望んでいた。
「政府自民党のやることが改革である」「野党=反改革」といったレッテルを貼る「御用ブロガー」の発言は、戦争を賛美した戦前のマスコミを彷彿とさせますよね。

jummai

安倍首相は、郵政民営化に反対した人を復党させたり、赤城農相の政治資金問題をかばったり、「改革」というイメージはないですね。

AT

安倍首相は、選挙において改革か後退かとCMまでも言ってられましたが、負けたとたん改革を行う政策は否定されていないとかなんとか訳が分からないことばかり言ってますね。

安倍首相は、選挙の負けの責任は取るべきでしょう。国民に対してではなく自民党に対してです、総裁を辞めるという責任の取り方ですけどね。

XX

前の衆議院選挙では小泉前首相の「改革」が支持されたのであって安倍首相の改革が支持されていた訳ではないと思います。
もし、「改革」を引き継いだの言うのであれば、安倍首相でなくても良いのではないでしょうか?
逆に改革路線で集めた部下を全て切り捨てるような人心一新をやることが正しいやり方だとは思えません。
自らが退いても改革が進む方向に倒すことこそが真の道であると思います。
最近の企業不祥事にも見受けられますが、
部下を守らず自分の身を考えるTOPは現在の日本社会の象徴ではないでしょうか。

私には首相にふさわしくないと言われて「辞めない」という発想が出てくる方がよっぽど分かりませんが、それだけでなく安倍さんは「自らの改革が否定されたとは思わない」とも言ってますね。これぞ常人には全く分からない発想です。

補選で勝っただけで「国民の信任を得た」と言い、
いざ本選で惨敗したら「これは不信任ではない」と言う。
本当にそう思うのなら今すぐ衆議院を解散したらどうでしょう?

ところで「民主党の相原氏が45分ルールを是認している」というのは本当ですか?私が見た動画では「その当時の」組合の主張を述べているだけで「現在も」容認してるような発言はありませんでしたけど(実際、覚書は破棄されてるわけです)。
そもそも「45分ルール」は「端末を45分操作したら15分は作業を『休止』する」のであって丸々「休憩する」という意味ではありません。相原氏もそう言ってますよね?(それが本当かどうかはさておき)

付言すれば厚生労働省のガイドラインには今でも「(VDT作業は)連続1時間以内毎に10~15分休止」という記述があるのはご存知ですか?確かに「45分ルール」はこれよりは「ゆるい」ですが、このガイドラインに照らして大きく逸脱するものではありません。

はっきり言ってこの程度の「釣り」に引っ掛かってるようでは2ちゃんねらーと変わりませんよ。
(私は自治労とは何の関係もありませんので念のため)

うどん

あくまでも元記事は「何かあったら辞職」という文化の是非を問うているわけで。
一般的な政治論争をここでするのはどうなんでしょうか。

スキャンダルを追及して辞職に追い込み「首を取った」ことが戦果としてカウントされる。
マスコミや野党の伝統芸ともいえるわけですが、私も違和感を感じます。
「x人大臣が辞職した内閣はもはや…」
大臣の女装趣味疑惑の証拠写真を求めて、野党議員が歌舞伎町を走り回っている、なんて記事が夕刊紙を賑わしていましたがw
でもそれってちょっと違うんじゃないの?
国会議員には国の舵取りを委託しているのです。

コメントを投稿する