オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

SNSを使った「ものづくり」は幻想か?

»

企業のプロダクトマーケティングにSNSなどのネットコミュニティを用いる手法が話題ですが、SNSはやはりツールであって主役ではないのだろう・・・とあらためて思います。

吉川さんのエントリ-では「ネットコミュニティを使った商品開発は“顧客知”活用型のナレッジマネジメントとしては代表的な取り組み」と紹介され、さすがに専門家だけあって、世の中のアヤシイ動向を一発で文章化されています。一方で、吉川さんも言及されている悲観論にも「なるほど」と思わされます。

さて、SNSではなく、「オフ型」のコミュニティの事例。
弊社社長は大の自転車マニアで、関東周辺はもちろん、自転車を担いで日本のアチコチに出掛けては走り、年間で1,600kmも走破するとのこと。彼の情報によれば、シマノの自転車部門には非公式の「ユーザ会」なるものがあり、「先端的な自転車乗り」を集めては意見交換を行い、新機能、新部品、新サービスなどの格好のネタ集めの場になっているそうです。現実に商品化され高く売れたアイディアも多いそうですね。

ちなみに、私が参画しているコマーシャルオープンソースの「SugarCRM」でも、やはり、CRMを使いこなす先端ユーザによる議論が活発で、その議論がコミュニティ全般を誘導しつつあります。

こういう事例を見ると、企業のものづくりの原動力はアーリーアダプターに受け入れられるような高付加価値のアイディであり、そういうアイディアを出せる人材が揃ってこそ、ユ-ザと企業の交流が意味を持つわけですね。そのためには、アイディアを出すほうのユーザに非常に高いモチベーション(楽しさ、貢献、名誉、ライフスタイル、etc.)も必要でしょう。そして、それがシマノのようにオフの場で出来ればそれでよく、また、SugarCRMのようにフォーラムやメーリングリストだけで出来る場合もあります。

SNSがあるから次世代のものづくりが出来るわけではなく、高いモチベーションを共有できる人的なネットワークがあることが重要なんでしょう。そのようなネットワーク作りを丁寧に行う姿勢が企業側にも求められますね。

Sugar_community SugarCRM社幹部と「和風」人脈づくり・・・

Comment(5)

コメント

こんにちは。

>企業のものづくりの原動力はアーリーアダプターに受け入れられるような高付加価値のアイディであり、そういうアイディアを出せる人材が揃ってこそ、ユ-ザと企業の交流が意味を持つわけですね。

おっしゃるところ、こちらの棚橋さんの投稿にある、いわば”選択的なマーケティング”
http://gitanez.seesaa.net/article/23843248.html
とも共通する部分があると思います。
問題は、ターゲットにすべきパワーユーザーが企業の側から出かけていってもうまくつかまらないという点です。
逆にパワーユーザー側が向こうから企業に近づいてくるような”何か”を組み上げなければなりません。
その”何か”がシステマティックに提供できれば、そこそこのビジネスになりますね。

先日別の方の投稿でもコメントさせていただきましたが、ユーザの要求、市場のニーズを吸い上げるためには、特定の手法がすべてではないと思います。
”SNS”も”グルイン”もすべてある意見を吸収する手法であり、目標をすべて網羅できるものではないと思います。それぞれの特徴を活かしつつ、必要なものを取捨択一、そして組合せができることが重要ではと思います。SNSであっても、一部の意見が正論であり、商品開発の方向性を正しい方向に持っていけるか、”合成の誤謬”の問題は解決できないと思います。特にスモールコミュニティーとなり、発言力を持つ人の意見に全体の論調が流される可能性もあるため、他の手法との組合せで初めて機能するアプローチだと思います。
書評でも取り上げました「世界最強CMOのマーケティング実学教室」でも、いろいろな手法における長所短所を述べています。またグループインタビューのネットでの実施など、未だ確立出来ていない手法の穴も指摘されています。ご参考までに。
http://blogs.itmedia.co.jp/tsuruta/2006/09/cmo_6ab4.html

消費財、生産財などの区分、さらに、その中にも高級、中級などのグレードがあり、それぞれによって「パワーユーザ」は変わるのでしょうね。ただ、共通して、「得たいの知れない母集団からエイヤっとサンプルを抜き出して未来商品を考えるのは危険である」という反省もあって、パワーユーザが買ってくれるものを一緒に作ってはどうか、という流れも出ているのでしょう。オープンソース界にいると、このような流れは非常に才能のあるタレントによって急激に引き起こされ、波動が周囲に伝わることが分かります。パワーユーザを待ったり、無理に抽出したりということではなく、企業側が自ら貢献するということが全てのコトの始まりかもしれない・・・と思う今日この頃です。

つるたさん、レスポンスをありがとうございます。「世界最強のCMO実学教室」をショッピングカートに入れました(^^;。
内田さん、
>このような流れは非常に才能のあるタレントによって急激に引き起こされ、波動が周囲に伝わることが分かります。
個人的にこういう自己組織化系の話が好きでして。Outlogicにもいらしてくださいませ。

今泉さん、
しまった、Outlogicの方、ずいぶんご無沙汰しています。こっそり裏口から伺います(笑)。

コメントを投稿する