オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

イノベーションと英語教育

»

またまた安倍総理モノで恐縮ですが、イノベーションと英語教育という21世紀の日本を方向付ける面白い話題が続きましたのでコメントしたいと思います。

1. イノベーション

Roadmap 本日の安倍総理の所信表明では産業の活性化策として「イノベーション25」という2025年を想定したロードマッピング作業が具体策として挙げられました。経産省やNEDOも国家レベルの技術ロードマップに取り組んでいます。優秀なシナリオプランナーを採用して、ぜひ良いロードマップを作って欲しいと思います。

さて、リンク先の記事でもそうですが、イノベーションを「技術革新」と訳しているのが気になります。たしかに技術革新を伴うイノベーションもありますが、決して技術屋だけが主導するものではありません。どういった新しいコトを起こすのかを考える「コトづくりプロデューサー」も必要でしょう。

2. 英語教育

そして、伊吹文科相の「日本語が乱れてるうちは英語教育は要らない」という発言。因果関係が不鮮明ですから、ご自身の「日本語の乱れ」もぜひ注意して欲しいものです。

仮に日本語が乱れているとして、それは英語教育のせいではなく、これまでの国語教育、あるいは学校や家庭の教育に問題があるからでしょう。であれば、国語教育をやり直すとか、算数を減らす、家庭教育を見直すといった因果になるはずですが・・・。

それはさておき、私の持論は「英語なくしてイノベーションはあり得ない」です。

イノベーションには確かに技術も必要かもしれませんが、人材の流入、海外からの投資、パテント政策、報奨制度などの仕組み作りが100倍重要です。これらは対外政策で、最低でも英語での情報発信が出来ないと話になりません。英語が出来ないイノベーターは引き下がらざるを得ません。

そして何より、日本を説明する力が必要です。この点においてはおそらく英語教育の賛成派も反対派も異論はないはずで、これこそ日本の教育に欠けていたことでしょう。海外からの投資を受け、人材を獲得するためには、自分たちの宗教観、価値観、習俗、文化などをしっかりと理解し、説明できることが重要です。

Comment(4)

コメント

mohno

小さいころから“英会話”に親しむのは重要かもしれないですが、“英語教育”は要らないかもしれません :-)
そして
> 日本を説明する力
というより、(日本語でよいので)「説明する力」が必要でしょうね。

しんたぐまん

IT業界に身を置き、日本のエンジニアの「内向き=英語文書を避ける=国内の事情しか知らないし興味がない」を危惧しているので、内田様の発言は理解できます。
私が日頃気になっているのは、言語力よりもコミュニケーション力です。課題を明確化してロジカルに組み立てて議論する英語文化と、絞り込みをしないで「なんとなく」焦点が浮かんでくる日本文化では言葉以上の壁を感じています(翻訳不可能なので)。

ただ、「小学校」の英語教育とは別問題だと思います。日本の国語教育では、「意志を伝える」事が軽視されてきましたが、まずそこではないかと思います。小学校は「義務教育」ですから、「英語」はほとんどの児童にとって消化不能だと思いますし。義務教育はあくまでも「平均レベルの子供」が対象である、という事です。

国語、英語、説明力、ロジカルな組み立て力、日本の理解などなど、かなり課題がありそうですね。これからの小学生は大変です(笑)。私自身も米国にいた際、一般的な日本人にこれらの課題があることを痛感しました。その際、同じアジア圏の香港、台湾、韓国、ベトナムなどの人たちとも仕事をしましたが、彼らは英語がヘタですが(日本人よりヘタな人もいる)、少なくとも説明しようとする、ロジカルであろうとする姿勢は大いに感じました。日本は学校教育というより、社会全体のコミュニケーションの仕方に課題があるのかもしれませんね。深い問題です。

Yutaka

長くなりそうなので、要旨だけ。

 私が知る範囲内では、人間の言語中枢は十歳頃までにできあがるとされており、抽象的概念の理解力もこれに連動していると考えられています。
 しかしこの時期までに複数の言語を覚えさせようとすると、単一の言語を深く理解する場合に比べると概念の理解力が劣り、具体的な概念しか理解できなくなる危険が多くなります。
 具体的概念しか把握できず、抽象的概念の理解力が劣ると、思考能力に於いて抽象的概念を把握している他者より劣る人間となるおそれがあります。
 この様な危険(思考能力で他者の下となるため、他者に操られやすくなる等)を避けるためにも、まずは母国語を通じて「概念」の理解能力を身につけさせ、次にそこからの派生として他国語を身につけるようにする方が良いでしょう。

 なお、私は母国語(つまり日本語)を正しく理解できるようになった後での英語(を含む他国語)教育であれば、条件付きで賛成です。
 この条件とは、数学などの他の基礎的学問をおろそかにしないことです。

コメントを投稿する