オルタナティブ・ブログ > Alternative 笑門来福 >

ソフトウェアは私たちに幸福をもたらすことができるのか

社内ブログは新しい社内コミュニケーションツールになるか?

»

 小川さんのエントリ「社内Blogについて」を受けて。

 最近「社内ブログ」が話題ですが、インフォテリアでも、昨年8月から開発部門を中心に社内ブログを試験的に開始し、最近になって全社規模の社内ブログを正式スタートしました。(まだ、どこからも取材されていませんが(笑))

 さて、社内ブログは新しい社内コミュニケーションツールになるのか?

 「なる」というのが、実際に社内ブログの盛り上がりを目の当たりにしている私の実感です。

 インフォテリアの社内ブログは「ノン・スモーキングルーム」という名前ですが、これは、いわゆる「タバコ部屋」効果をイントラネット上で実現しようと意図してつけたものです。内容を全く制限しない自由な社内コミュニケーションの場となっています。仕事の話から趣味や遊びなど仕事に全く関係ない話までなんでも話題になっています。普通の経営者からすると、雑談の場が増えて「ちゃんと仕事しろ!」と感じるかも知れませんが、これがなかなか良い。私自身もこれまであまり話をできなかった人と距離感が縮まったのを実感していますし、この盛り上がりからして他のメンバーもそう感じていると思います。社内ブログはいろんな活用方法があるでしょうが、社内コミュニケーションツールとして使うには特定の人だけが書く一方通行のモデルではなく社員それぞれがブログを使うことが大切です。社員全員が参加するように、インフォテリアの社内ブログでは以下のような運用をしています。

書く内容を制限しない

 書く内容を仕事の話に制限したり、議事録や連絡事項などように様式を限定したりするととたんに書きにくくなります。さらに言うと、カテゴリ設定を会社で行わない(個人に任せる)とか、書く時間を制限しないなどといったことも大事です。(もし、長時間ブログだけ書いたり見たりしている人がいたら、「ずっとタバコ部屋にいる」状態になって、自然にツッコミが入るでしょう(笑))

 書く内容を全く制限しないと遊びばかりになってしまったり、時間の無駄と懸念する向きもあるかもしれませんが、それは社員を信用しなさすぎ。実際、インフォテリアの社内ブログでは結構ディープな仕事の話もされたりしています。

「会社のブログ」ではなく「自分のブログ」にする

  各社員のブログは命名もデザインも個人個人で自由に行っています。自分の趣味にあう名前やデザインにすることで、自分の持ち物という意識が高まって、「自分の」コミュニケーションツールになります。

モデレータを置く

 特に初期の段階では、モデレータの役割は重要です。管理という意味ではなく、多くのメンバーに参加してもらい盛り上げるためにです。どんなにきちんとしたルールをつくったり管理を行っても参加者が少なかったり書き込みがなかったりしては意味がありません。インフォテリアでは、ブログに造詣の深い(笑)社員をモデレータに任命し、ブログ内の決め事から盛り上げの方法まで全てを任せました。モデレータの力量がこのモデルでの成否を決めると言っても過言ではないと感じています。

ポータルを作る

 社内ブログができても、それぞれが独立していては相乗効果が出にくいものです。ブログに慣れない人にトラックバックやRSSフィードを使ってもらうのもハードルとなります。そのためにベタな方法ですが、ブログをメインにした社内ポータルを作りました。

 インフォテリアでの取り組みは、メールやグループウェアを置き換えようといったものではなく、新しい社内コミュニケーションツールという位置づけです。また、これらの運用は、50人程度の会社だから出来るということもあるでしょう。1,000人、10,000人規模の組織では適用不能かもしれませんが、それはベンチャー企業のメリットということで(笑)。

 ところで、社内ブログに関する小川さんの意見にはだいたいAgreeなのですが、「社内ブログは、書く人と読む人がまったく別であっても問題はない」という点は、意見が違います。社内ブログにおいては、出来るだけ多くの人が書くことが大切で、それによって上意下達や組織でのコミュニケーションとは違う新しいコミュニケーションが生まれると考えているからです。そのために、情報発信能力がある人だけ書けばよいとあきらめることなく、一人でも多くの社員が書き手として参加するように上に書いたような運用をしています。

 さて、インフォテリアの社内ブログの状況やノウハウを書きましたが、既に社内ブログを活用されている各社での「社内ブログの位置づけ」、「工夫」、「効果」などについてコメントをいただければ嬉しいです。

Comment(15)

コメント

Blogの扱いについては多種多様の意見が存在し、diversityを保つという点でも良いと思います。従って、ある企業においては社員全員にBlogを書かせてそれを社内情報共有のベーストするというアイデアはあると思います。しかし、そうでなくてもいい、というのが僕の意見です。
強制力を持たせるのはいいのですが、グループウェアも強制、Blogも強制、というのは、ちょっと窮屈すぎるのではないかな、と。書きたい人は書けばいいし、全員が読めるような仕組みを用意することによって自発的に増殖するほうがよいと僕は思っています。そうでないとグループウェアと社内Blogは共存できないんじゃないかな、と思っています。

まあ、いろいろな考え方があるということがBlogとよぶに値するシステムではないかなと考えています。

小川さん、早速コメントありがとうございます。
そうですね。いろいろな意見、いろいろな活用法があるのが良いと思います。また、それが面白いところですね。
ところで、うちの運用は「強制力をもたせる」のではなく「全員が自発的に参加したくなるような場所にする」です。そのための工夫をいろいろと試行錯誤しています。

平野さん、実は今またビジネスブログブックの続編を書いています。
社内ブログについて、取材させていただけませんか?電話やIM、メールでのインタビューでかまいません。

あ、はい^^;。別途メールしますね。
実は昨日、小川さんを見かけたのですが、講演(講習?)中だったので声をかけられませんでした。夕方、セミナールームのガラスの隙間から覗き込んでいたのは私です(笑)。

通行人です。

ブログの活用について。
ブログの原点をたどって見たら、米国9-11同時多発テロ事件以後、様々な個人情報が官民一体となって、あらゆる情報が飛び交って爆発的に、流行したと聞いて居ります。
日本国内においては、昨年の新潟県「中越地震災害」のボランティア活動で、大いなる成果を発揮したそうです。
公私ともに、活用する場合。使用者の工夫次第ではないでしょうか。

あ、そうか。
インフォテリアを取材する手があった。
今度連絡します。

社内ブログいいですよね。同じグループ内の別の会社でやっているブログでは、「えっ、こんなこと書いていいの」と思えるぐらい、結構ストレートな内容とかもあり面白いと思いました。(私の会社では、やっていないのが残念です。)

特にIT業界の場合は普段パソコンに向かって作業していることが多く、周りの人としゃべってると「仕事しろよ」みたいな雰囲気が出たりして、結局タバコルームだけの会話になってしまうのではないかと思います。(ちなみに私は吸いませんが。)
そのくせ、「コミュニケーションをちゃんととれ」とかいって、「どっちなんだよ!」と言いたくなりますね。

社内ブログだと一見仕事しているように見えるし、かつおしゃべりと違って周りの集中して仕事している人にも迷惑をかけなくてすむのでいいですよね。ブログに書き込む内容を制限しなければ、情報共有に役立ちそうです。

でも、これってトップを含めた上層部の理解が必要ですよね。平野さんのような理解のある方がトップの会社って羨ましいです。

トップダウンのならず、ボトムアップで起こったケースもありますが(ブラザーの例)、いずれの場合でも、自由闊達に意見をITメディア上で書くことに対してモチベーションが上がる雰囲気や企業文化が必要ではないかと考えています。

通行人さん、
コメントありがとうございます。米国では2000年頃から徐々に流行り始めたようですので、初めて大きな社会現象に貢献して注目されたのが9-11ということになるかもしれませんね。その後、イラク戦争やアメリカの大統領選でブログが活躍したのは有名な話で、日本でもご指摘の中越地震のケースなど影響力が増してきていますね。特に「現場の取材力」としては限られた人だけのマスコミよりカバレッジを広げられるので災害などの時に力を発揮しやすいと考えています。
ただ、こういう側面と社内ブログの効用は直接的には結びつかないわけですが(笑)。

isogさん、
コメントありがとうございます。はい、続きはそちらです。(1)~(3)までです。他メディアで申し訳ありません(笑)。

本田さん、
ありがとうございます。おかげさまで、ダイエットに励むことにしました(←意味不明)(笑)。

ふじたさん、
コメントありがとうございます。上層部の理解は必要ですが、やはり最も必要なのはそれを「やろう!」とするメンバーの存在ですね。それが無いと何も始まらないので。私は、新しい提案をかなりドキドキしながらも自分なりに消化しながらGOを出すのが仕事です(笑)。

べええさん、
コメントありがとうございます。「自由闊達」という言葉なんですが、20代、30代の人たちの印象ってどうなんでしょうね。私もまさに自由闊達な雰囲気が大事と思う訳ですが、「『自由闊達』って言葉が堅苦しい」と言われたことがあります(笑)。

数年前の記事ですが、今更ながらトラックバックさせて頂きます。ところで書く内容を制限しないという部分ですが、私は逆に毎日かける内容を会社から提供する方がより書きやすいと考えております。

コメントを投稿する