オルタナティブ・ブログ > Alternative 笑門来福 >

ソフトウェアは私たちに幸福をもたらすことができるのか

ロンドンに羽ばたけ!

»


Creative Commons License
 今年の夏はいよいよロンドンオリンピック。4年ぶりのスポーツの祭典は、世界中で盛り上がります。各国は、競って自国チームの強化を行いますが、今回のオリンピックに向けた日本チームの強化にインフォテリアの「<a href="http://handbook.jp" target="_blank">Handbook</a>」がその一翼を担っています。

 「Handbook」が採用されたのは、ロンドンオリンピックに向けた選手強化を担う、日本スポーツ振興センター傘下の国立スポーツ科学センター。スマートデバイスとHandbookを導入し、フェンシングやバレーボールなどのオリンピック競技での選手強化に向けた情報共有ツールとして活用されています。

 例えばフェンシングでは、選手やコーチの間で「Handbook観た?」が合い言葉になるほど活用され、他国選手の試合動画を「Handbook」で共有、対戦相手の研究に使われています。また、MacFan 2月号に事例が紹介された「眞鍋ジャパン」のバレーボールでは、対戦相手のデータやバレーボール関係のニュースなどが共有されています。

MacFan 2012年2月号
MacFan 2012.2月号より

 「Handbook」は、いわゆるビジネスパーソンのためのツールという印象が強いと思いますが、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの普及とともに「Handbook」の活用シーンも広がっています。

 ロンドンオリンピックに向けた隠れたサポーターとして、「Handbook」が少しでもメダル獲得に貢献できることを願っています。しかし、世界を目指す「Handbook」、もしロンドンでの効果絶大となって、他国チームから導入依頼があっても断れないのが、世界を目指す日本人としてのジレンマです(笑)。

Creative Commons License
This work (photo) is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 UK: England & Wales License.

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する