オルタナティブ・ブログ > Alternative 笑門来福 >

ソフトウェアは私たちに幸福をもたらすことができるのか

インフォテリア今年の株主総会7つのポイント

»

ajisai-3-440.png

 梅雨に入り、紫陽花の鮮やかさが増してくると、株主総会の季節です。インフォテリアの定時株主総会も、今週の土曜日に開催の予定です。インフォテリアでは、上場以来できるだけ多くの株主に開かれた株主総会となるよう、また株主の皆様に安心していただけるコーポレート・ガバナンスの体制となるよう努力してきました。

 こうした考えのもとに開催する、今年のインフォテリアの株主総会の7つのポイントを紹介します。

(1)土曜日開催 - 6月23日(土)

 インフォテリアの株主は9割以上が個人株主の方々ですので、少しでも参加していただきやすいよう、集中日を避けることはもちろん、土曜日に開催させていただくことにしています。

(2)社外取締役候補2名 - 宋文洲氏、磯崎哲也氏

 インフォテリアでは創業以来、未上場時も含めて、社外取締役を2名置き、コーポレート・ガバナンスの強化に努めてきました。今年は、「やっぱり変だよ日本の営業」の著者で、マスコミなどでも活躍中の宋文洲氏と、「<起業のファイナンス」の著者でブログ「isologue」などで活躍されている公認会計士の磯崎哲也氏の社外取締役就任をご審議いただきます。

(3)インターネット生中継 - Ustream

 昨年度は、株主総会をライブ中継した上場企業はインフォテリアを含め5社だけだったそうですが、今年もUstreamというインターネットのサービスを使って生中継を行います。これにより、世界中どこにいてもインフォテリアの株主総会をライブで観ることが可能になります。

(4)事業戦略説明会

 株主総会は法的要件を勘案する必要があるため、どうしても形式的になってしまいがちです。このため、株主総会に引き続き、事業戦略説明会を開催し、インフォテリアのそれぞれの事業の状況や成長戦略などについてご説明するとともに、ご質問の範囲も議案に関わるものだけに限定せずに受け付けさせていただきます。この説明会によって、インフォテリアの状況やこれから進む方向を、より深くご理解いただけるものと考えています。

(5)グループ会社経営陣 - Huang Xi, John McMahon

 今年2月に中国浙江省杭州市に100%株式を保有する「億福天信息科技有公司」を設立し、今年5月には、米国カリフォルニア州サンフランシスコ市のExtentech社を買収しました。株主総会に続く事業戦略説明会では、新たにインフォテリアグループとなった両社の経営陣も登壇し、事業紹介を行うとともに質疑応答も行います。

(6)お土産 - エーザイ「ユベラ贅沢ポリフェノール」

 インフォテリアの株主総会では例年、事例として発表させていただいたお客様の商品の中からお土産を選ばせていただいています。今年は、当社の製品である「<Handbook」および「ASTERIA」両方のお客様である、ヒューマンヘルスケアの「エーザイ株式会社」様の健康食品「ユベラ贅沢ポリフェノール」をお持ち帰りいただきます。

(7)大井町開催 - アワーズイン阪急大井町

 これまでは、会場の都合で、都内九段下界隈で開催していましたが、インフォテリア本社のある品川区大井町に新たにアワーズイン阪急というホテルが完成したため、開催地を大井町に変更しました。大井町駅からも徒歩1分と至便です。


 株主総会が質問も無く短時間で終わると「ほっとした」とおっしゃる経営者の方がまだ多いと感じます。しかし、株主総会は株主の方々との直接コミュニケーションできる貴重な機会です。株主総会の季節を象徴する紫陽花の花が、形は似ていても色が多様であるのを見ると、株主総会も各社なりの工夫をし、特色を出してコミュニケーションを図ってはどうかと思うのです。(ブログやツイッターでのご紹介もその一つです。)

 今年も、多くの株主の皆様の株主総会・事業戦略説明会へのご参加、または株主や投資家の皆様のUstreamでのご視聴をお待ちしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する