オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Apple WWDC 2019 Keynoteを見て: MacのMusicでHandoffできるようになるか?

»

3日から開催されたApple WWDC 2019のKeynote、今回は後からPodcastで見ましたが、以下URLに映像と共にまとまっています。
Apple Events - Keynote June 2019
僕が映像を見たときはありませんでしたが、今は日本語字幕もあります。
以下、発表された中から、僕が気になったもの/ことだけを書きます。

第一はPro Display XDRのPro Stand。具体的な説明なしに$999が示されて、会場でもびっくりした雰囲気がありました。7.48kgと重いPro Display XDRを支えつつ滑らかに可動しなくてはならないのはわかりますが、もう少し背景が必要でしょう。

次に、tvOSのマルチユーザーサポート。ユーザーの切り替えを画面でさらっと紹介されて、どのようなレベルなのかわかりませんでした。認証はあるのでしょうか。

iOS 13は写真アプリの改善に期待です。今まではmacOSのそれと自動補正の結果が違ったり、ホワイトバランスがなかったり、不十分でした。そう言えば、iOS 13の詳細機能一覧の最後の方に、WPA3をサポートと書かれています。同じことはiPadOSにも書かれていましたが、macOS Catalinaには無し。

個人的に気になるのは、macOS CatalinaのiTunesアプリの分解。一部マスコミがアプリとサービスのiTunesを区別せずに混乱して解説していることではなく、MusicのHandoffができるようになるか、です。以前から、外出中にiPhoneで聴いていた音楽を、帰宅後は継続してMacから再生するのが希望です。もちろん逆も。

最後に、SwiftUI。やっと新しいUIフレームワークの登場です。ここまでiOSやSwiftの勉強を延期して待った甲斐があった。もちろん嘘で、サボっていただけです。

今回に限らず多くの機能が発表されます。1年ごとに新機能を開発しているとは思えないので、開発中の複数機能をバランスをとりながら、組み合わせて提供していると推測します。どのようにバランスをとっているのか、気になりますね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する