オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

VPNサーバーのRaspberry PiをPi 3にリプレース

»

3年前から本宅・別宅間のVPNサーバーとして使ってきたRaspberry Pi。たまに手動で再起動していたものの、この間トラブルなく休まず動作してきました。さすがにSDカードがくたびれてきたのではないかと思い、この機会に、まず別宅の方をRaspberry Pi 3にリプレースしました。

購入したのは本体以外に、電源とSDカード。電源は必要容量が増えて、以前のものが使えなくなったためです。OSのインストールは、以前はNOOBSをSDカードに書き込んで行いましたが、SD Associationから入手するツールが数年間更新されていませんでした。そこで、今回はRaspbianを直接書き込むことに。サイトの説明通りに実施して、Pi 3を起動できました。
さらに、/boot/sshファイルを作成して再起動し、sshが使えるようにします。
最後にSoftEther vpnbridgeをダウンロード、ビルドして、設定を移植して完了。
ここまで悩むことはありませんでした。

残念ながら、Internetへの接続速度で律速されているようで、処理性能が上がったことによる体感速度の向上は無し。次は本宅をリプレースします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する