オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

銀行取引記録の文字数

»

合併を繰り返してとても長い名前になった某銀行の口座に、同銀行からと思われる振込がありましたが、記憶にありません。怪しいので電話で確認すると、同銀行本体ではなく、関連会社からの振込でした。その名前だとなんとなく振込内容がわかりました。銀行名が長すぎて、通帳だけでなくWebサービスやスマホアプリでも銀行名の前半しか見えず、想像することが困難です。

通帳に文字数制限があるのはわかります。でも、Webサービスやスマホアプリに通帳と同じ制限がある理由は想像つきません。他の銀行を知りませんが、今回は同じ銀行内での振込のため、同銀行がサボっているようにしか見えません。

ところで、履歴を確認すると、振込先もしくは振込元や10から14文字程度とばらついています。なんとなく文字を8bitコードに変換してみたら、いずれもちょうど12文字でした。例えば、表示上は濁点付きカタカナ1文字が、内部では2文字のようです。なんとも不思議な仕様。過去のしがらみとは思いますが、中途半端なことをしないでさっさとフルに表示にできるように直して欲しい。自分自身の名前で破綻しているのですから。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する