オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

福島第一原発廃炉図鑑

»

先月初めに福島第一原発廃炉図鑑という本が発刊されました。

僕は原発とはなんら関係ない仕事の都合で、平日は福島県浜通りにいることが多いです。こちらのローカルニュースでは、未だに毎日、地域の放射線量や福島第一原発周辺海水の放射線量が流れます。

本書は、編者の開沼 博氏を中心としたメンバーが調査した廃炉に関する情報が書き並べられています。ここには陰謀論はありませんし、情報のソースも書かれています。ぜひ福島県の状況に懐疑的な方ほど、読んでいただきたい。その上で、ここに書かれた情報と、自分の信ずる情報とそのソースについて、思いを巡らせてみると、なんらか得られることがあるのではないかと思います。

本体価格¥2,300と安くはないので、ちょっと見たい場合は図書館ででも。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する