オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

【訂正】【中国の常識は日本の非常識】中国EC上位10サイトに5サイトにチャットサポート

»

前のブログで、【中国の常識は日本の非常識】中国EC上位10サイトに4サイトにチャットサポートと書いたが、1サイト漏れていたので、訂正します。

これでチャットサポートを提供するネットショップの割合も、トータルで90.8%になり、9割を超えています。

具体的なチャット導入状況は、下記のCNNIC(中国ネットワークインフォメーションセンター)のEC利用に関する調査報告に纏められた上位10サイトのグラフに表記しました。

Ecchat



チャットサポートを提供している5サイトの内、3サイトは独自ブランドのメッセンジャーを無料で提供しています。3番目の書籍販売大手「当当網」と7番目の「易趣」はWebチャット型のLive800を提供している。「易趣」は米eBay合弁会社が運営しているサイトで、Live800OEM版を無料でショップオーナーに提供しています。

CNNICのメッセンジャー利用に関する調査報告に、メッセンジャー利用状況が纏められています。

Ecmessenger

中国では、ほとんどのネットユーザがメッセンジャーを利用していることが分ります。QQというメッセンジャーが圧倒的に多く、マイクソフトのMSN Live MessengerとSkypeはそれぞれ、5位と10位に止まっています。

参考:
日中の文化の違い ~ “チャット”|Yahoo!と提携した中国No.1のECサイト「淘宝網(タオバオ)」とは?(2/3):MarkeZine(マーケジン)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する