オルタナティブ・ブログ > 普通のおじさんとソーシャルメディア。 >

小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

facebookの友達承認についてのわたくしの結論

»

実にここ半年間悩んでいました。facebookの友達承認についての自分の基準です。

お恥ずかしい話、これまで結構揺れてきました。

1、始めた当時・・・Twitterのノリで、来るものは拒まずでほとんど反射的に承認ボタンを押し続ける。

2、しばらくして、友達は個々にリスト登録(属性分け)ができることを教えてもらう・・・イベントのお知らせなど、それなら効率的に訴求できるなーと思い、リスト化をはじめる。

3、ふと気付くと、全然知らない人が半分くらいいることにハッとする・・・少しは基準を設けようと思い、知人以外は「プロフィールがちゃんと書いてある人」だけ承認するようになる。

4、出張先のパソコンでログインしようとした際、友達の顔認証(「これは誰ですか?」という4択問題を、延々と出される。)を求められて、焦るも偶然全問正解する・・・ヤバいなと思い始める。

5、facebookの仕様が、変わってきた。例えば承認画面で「知らない人からの友達リクエストは承認しないようお願いします。」と出るように・・・そういう流れにもっていきたいのねと思いつつ、確かにそうでないと実名SNSであるfacebookの意味がないよなーと感慨にふける。

という具合に、ブレブレでした。

でも、よく考えたら、全然知らない「友達」をリスト化してお知らせを送る(例えば「関東の社長さんだけ」にこのセミナーの案内をしたいみたいな)のなら、facebook右側のバーに出現する広告欄に出稿すれば、もっとたくさんの人に、もっと細かく属性を絞ってCMを打てるわけで、タダで告知をするために知らない人と友達になるのも我ながらセコいなと。(笑)

「友達」は少なくていい。これからは、ちゃんとお互い認識していて、密な話もできる方と、ガッチリ繋がるのがfacebookなのだと割り切ります。
Twitter的に、不特定多数の方にザバーーーっと告知したい場合は、ファンページを頑張るか、広告使えばいいですもんね。

ということで、「友達」は知ってる人(リアルの知人+会ったことはないけれどソーシャルメディア上でよく遊んでもらっている方)に絞ることにいたしました。昨日から少しずつ削除作業しています。

しかし、そうするとひとつ問題が勃発するんですね。

「会ったことある人なんだけど、忘れちゃって削除。」

というパターンです。さすがに今までお会いした全ての人を覚えてはおりませんので、どうしてもぶち当たる壁です。「誰だっけこの方?」と思うたびに、名刺ファイルを全部めくるのはちょっと無理です。

で、結論としては
「仕方ないのでわかんない方は一度削除させていただこう。」
ということにいたします。

わかんない要因でよくあるケースは以下。

・名刺に顔写真など印象づけるコンテンツが入っておらず、会った瞬間に忘れちゃった。(ゴメンナサイ)
・Twitterではよく存じ上げている人でも、
アイコンがアニメやイラストの方で、しかもニックネームでお付き合いしてたりして、それがfacebookに来ていきなり顔写真&実名になったもんだから、当然わかんない。
・顔写真があっても、名刺の写真とfacebookの写真が違ってて、気付かない。
・やはりわたくしの記憶力がそもそも悪過ぎる。(何だかんだ言っても、結局これが一番悪いんですけどね。m(_ _)m)

ということで、もし、このページをご覧の方で、友達申請して下さる方は、大変お手数ですが申請時にメッセージを添えていただけますでしょうか?「どこどこで会った○○だよ。」「Twitterのアカウントは@XXXXだよ。」みたいな。それだと、すぐにお名刺や交流履歴に辿り着くことが出来ますので。

もちろん、わたくしも自分から申請させていただく際には、必ずメッセージをつけて、関係性を説明しようと思います。それでもわからなかったら、もちろん諦めますしw。

勝手な物言いで大変恐縮ですが、名刺の達人を名乗らせていただいている手前、これからのソーシャル時代、ビジネスユースでベストなのは、

「名刺にはまず顔写真、Twitterやfacebookのようなウェブ名刺にも全部同じ写真を使う。」

じゃないかなと思います。

110204kao3

110204kao2

110204kao1

テキスト情報と違い、顔写真というのはものすごく情報量も多くて、刺さりやすい。これを利用しない手はないと思うんですね。

特に、ビジネスにソーシャルメディアを有効に使っていこうと思っておられる方には、ちょっとしたポイントになるんじゃないかなーと思います。

以上、facebookの友達承認についてのわたくしの考えでした。

Comment(10)

コメント

あ〜、これ揺れ動いてる人多いんでしょうねぇ。
なんか、この基準に乗っかりたいわかりやすい内容でした。
ありがとうございます♪

>畑本さん

コメント有難う御座います。
半年グダグダしてました。(笑)
これで、前向いて行けそうです!

2006年頃からFacebook愛用しています。だからこそ、日本でのFacebookの友達承認の仕方・・・私もず~っと気になっていました!
私は、Facebookはプライベート一色です♪
まだまだ、「本当の友人」以外を承認する気分には、なれません・・・。

とっても興味深い記事、いつもありがとうございます!

>牧原さん

コメント有り難う御座いました。
本場の空気をご存知の方からすると、日本の普及の在り方はおかしく見えるのでしょうね。
やはりこれはコミュニケーションツールなのですから、ノウハウである意味「騙しながら」友達やファン(に見えるが実はそうでない人たち)を増やしても仕方ないですよね。
本当のコミュニケーションからしか、本当のビジネスは生まれないことに気付くか、気付く前に飽きてしまうか、日本はどちらでしょう???
ちょっと見守るのが楽しみかも。

初めまして。
Facebookの友達承認基準、悩みますよね。私も同じ事でかなり悩んでいた(1→2→3で取った行動は全く同じです)ため、非常に共感しながら読ませていただきました。

私の場合、Facebookはお仕事ツールと割り切っており、あまりプライベートな話は書いていないので、「『友達』と呼ぶから承認するかどうか悩むのであって『名刺交換する仲なら承認して良い』」という自分内ルールで1度は納得しかけたのですが、4の「友人顔認証」や、名前に覚えがない人からの友達申請が来たときにやっぱり悩みまして……1度仕事で会ったくらいの人、顔写真出されても分からなかったりするんですよね。

同じ仕事の人(記者、編集者)でも、もっと有名人だとファンページを運用したりするのでしょうが、私は別に名前が売れてるわけじゃないので悩ましいところです。やはり記憶力を向上して、1度会った人は忘れないような脳にする……のが一番なのでしょうか。

とか書いてたら、今日、津田大介さんが「ともだち100人まで減らす!」と宣言してました。有名人は大変ですね……^^;;

>吉岡様

コメントありがとうございます。同じ悩みの方がいらしてホッとしています。
津田さん、100人ですか~。切られるな。(笑)だって全然知人じゃないのに申請→許可いただいたんですもん。
宣言した以上、切られるのもいさぎよく考えておかねばですね。m(_ _)m

初めまして。
自分はmixiとかもちゃんとやったこと無くて、FaceBookの友だち承認の位置づけが分からなかったので、とても参考になりました。

>Tsukahara様

コメントありがとうございます。
実行して一週間、かなりおもしろくなってきました。
やはり人間、ぶれない軸が必要ですね。

大平 和

一人々精査して削除しましたが結構辛かったですよ意気込んで削除する必要は無かったかも知れません。交流の少ないリアルフレンドも削除しました何時でも連絡が取れますからね。

>大平様

コメントありがとうございます。
確かに辛い作業ですよね。微妙な位置の方もいらしたりして。
また少し多くなってきましたので、見直ししようと思っているところです。
ずいぶんフェイスブックも住み心地が良くなってきました。(笑)

コメントを投稿する