オルタナティブ・ブログ > 継顕菅原のすべらないマーケティング >

グダグタのマーケティングにならない為にやるべき事、英語や喋りなど必要なスキルを考える

Audible.comの会員契約解除を防ぐ優れた手法

»

【iPod英語学習術】海外ドラマからオーディオブックまで安くて効果的な方法」でAudible.comが私の知る限り最も安く(合法な方法で)オーディオブックを入手する方法だと言うのをお伝えしました。

会員に無料提供されるWall Street Journalは毎日楽しんでいる物の、無ければ無いでCNNのPodCastが代替になります。自分が聞きたいオーディオブックを見つけるのにも時間がかかるので、3ヶ月間の初回ディスカウント期間が終わるタイミングで脱会しようと考えました。
(最初の3ヶ月は$7.49、それ以降は$14.95)

ちょうど3ヶ月になる日に、退会処理を行うため、会員サイトにアクセスしましたが、ものの見事に、納得する手法で脱会する気が失せ、もうちょっと(少なくともあと1ヶ月)続ける事になりました。

これは、発明ともいえる手法です。

まず、退会時に理由をプルダウンで選びます。「良いオーディオブックが無い」、「Audibleに怒っている」など選択肢があり、私は「オーディオブックを効く時間が無い」を選びました。

次の画面で、

わかります。時間はあなたにとって大変貴重な物です。
でも考え直していただけるなら、$20のクーポンを差し上げます。
これが我々からできる最大限のオファーです。

と思いがけない、オファーが表示されました。こんな経験は初めてのことです。

私は、14.95ドルの月額会員費でオーディオブックが一冊買えるクレジットに加え、20ドルのクーポンが付くのは非常にお得だと、15秒で判断し、「キャンセルを続ける」のボタンの代わりに「オファーを受け取る」のボタンをすがすがしい気分で押しました。

このオファーが広く知れ渡ることにより、誰もが一度キャンセルの意思を表示し多くの人がクーポンを受け取るという可能性もありますが、私のようにキャンセルをとどまり、場合によってはずっと継続する可能性もあります。

この手法に特許は無いでしょうから、月額や年額のビジネスをしているところは試してみる価値があるでしょう。インターネットプロバイダーや有料テレビでは特に有効では無いかと思います。

これは下手したら、3年後には「当たり前」の手法になっているかも知れません。

Comment(1)

コメント

yu k

Audibleでこのようにしてクーポンをもらおうと考えている方へ。
一度このようにキャンセルした場合、キャンセルがWeb上では出来なくなります。アメリカに国際電話をかけて英語でキャンセルしなければなりません。お気をつけください。

コメントを投稿する