オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

未来の車を作ろう。日本の技術を世界に

»

人気テレビ番組、「ガイアの夜明け」で電気自動車の特集が組まれました。
思い起こせば小学校低学年の頃の私の夢は「電気自動車を作り、ガソリン代替エネルギーの時代を築く」でした。その夢はもちろん私ではなく、別の方が実現しようとしています。テレビ番組で、その代表格の一つとして取り上げられていたのが、慶應義塾大学の開発したEliica(エリーカ)です。

8輪駆動、各タイヤにモーターが直結されていて、馬力換算によるとおよそ800馬力。5秒で80km/hを越える加速力を誇っています。一般的に電気自動車は性能がそれほど上がらない、という評価をされてきたとは開発ご担当教授の弁。しかし、Eliicaはその性能向上に心血を注いできたのです。その結果得られたのは、この未来的デザインとすさまじいパフォーマンス。

今から十年後までに実用化を開始し、二十年ほどで普及をしていくことを予想しているそうです。なんとも楽しみな研究です。

さて、本日は松の内ということで、ホンダ本社のASIMO(アシモ)さんに新年のご挨拶に伺ってきました。ASIMOさんは相変わらず元気な様子で、踊ったり走ったりして楽しませてくれました。この時期の特別な計らいで新年のご挨拶のポーズなども披露してくれました。今年も楽しませてください。ご近所さんとしても、よろしくお願いしますね。
Asimo100106

Comment(2)

コメント

日本のメーカーも思い切ってTeslaみたいなクルマつくっちゃって欲しいですね。
http://www.teslamotors.com/
Teslaのサイトではタブの並びが左から(おそらく重視してる順に)
Design > Performance > Electronic。ステキです。
ある程度量産可能な電気自動車でも方針次第かと。
官能>エコ、品質>台数、革新>改善、な価値観の私は
Alfistaを卒業してVorsprung durch Technik

NewTama

いさごさん、
今年もよろしくお願いします。
tesla、すごいですね。今年デリバリー開始の4ドア、実際の利用状況を見てみたいものです。

お好みの変化はイタリア系からドイツ系ですね。欧州系も魅力的ですね。私は変わらず国産誉ですけれど。

コメントを投稿する