オルタナティブ・ブログ > 直子のより道 >

アジア地域ネタ(主に中国・台湾)や、広報、IT周りのことを、「のんびり寄り道」ペースで。

台湾CMCグループとCCCが資本提携

»

台湾のCMCグループ(中環集団)と、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)の戦略的資本・業務提携が、昨日発表されました。CCC発表のプレスリリースによると、同社増田社長のコメントとして、「台湾でコンテンツ事業を行う得利影視との提携によって、台湾映画等の新たなコンテンツをTSUTAYAに導入できる機会が増えます」とあります!これは楽しみですね。

台北では、記者発表会が開催されたようで、様々な現地メディアがこの件を報じています。例えば、中國時報電子版の記事では、「韓流に引けを取らない台湾のエンターテインメントで、日本市場に攻勢をかける(原文:與韓流媲美 台灣影音進軍日本)」として、本ニュースを報じています。記事中では「台湾のコンテンツが日本市場に占める割合は1%で、韓流コンテンツは20%近くを占める。CCCは、台湾の映画やドラマは、韓国のコンテンツと並ぶレベルだと考えており、両社は、共同で日本市場を開拓したいと考えている(原文はこちらのリンク)」となっています。これは期待大!引き続き、この動きをウォッチしていきたいです。

あと、今回の報道で、「ジブリ」の中国語表記は、「吉卜力」だということを初めて知りました。字面だけみると、定食屋さんの名前みたいで面白いですね。

<その他参考記事>
日本国内の記事(AV Watch、6/25)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120625_542715.html

記者発表会時の動画が掲載された記事(money.udn.com、6/26、中文)
http://udn.com/NEWS/STOCK/STO3/7183249.shtml

記者発表会時の画像が掲載された記事 (cn.YES.com、6/25、中文) 
http://news.cnyes.com/Content/20120625/KFL09FXZW09CA.shtml?c=pic

*上記は、2012年6月26日時点の情報です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する