オルタナティブ・ブログ > ITとビジネスの可能性 >

ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

DX時代はエンジニアがビジネスでも活躍できる〜インタビュー記事〜

»

こんにちは。長沢です。

@ITさんに取材いただいたインタビュー記事が(およそ1ヶ月前に)公開されました。

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道」の7回目として登場いたしました。

DXの成功への道ということで、エンジニアがビジネスシーンでも活躍できるという結論に向かって、DevOps やアジャイルの実践と、問題解決のプロフェッショナルであるエンジニアについていろいろと語らせていただきました。

記事では、CTO/CIO とありますが、もっとビジネスにフォーカスしたCEOやCOO、ビジネスアーキテクトにエンジニア出身者が増えていくと思っております。また、そうなるよう個人事業主としていろいろなものに中立な立場として微力ながら社会に貢献できたらなと思っております。

記事: エンジニアがCTOやCIOになってビジネスプロセスの変革をリードするのは難しい話ではない

長沢智治の事業サイト: evangelism.jpお問い合わせ

記事では、ひとつの事例としてすこし関わらせていただいているウフルさんでのアジャイルな組織づくりについても言及させていただきました。開発組織づくりの参考にしていただければ幸いです。

長沢 智治

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する