オルタナティブ・ブログ > ITとビジネスの可能性 >

ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

要求定義に PowerPoint を活用する

»

要求定義は、非常に重要であり、そして難しいものです。

いろいろな方法(※あえて詳細には触れません)が模索され、実践されています。最近有用なのは、ユーザーストーリーによる顧客との対話と相互理解ですね。

以前に PowerPoint の活用法(「パワポ職人芸」※後半に記事へのリンクをリストしておきます)を書いたところ、とても反響が多くありました。

話を要求定義に戻して、実は、Microsoft では、ストーリーボードを利用した要求の把握方法を採用していることが多いです。これを PowerPoint で行っています。

PowerPoint の主な特徴は、

  • 誰でも扱える
    そう、開発チームだけでなく、顧客も使えます
  • 表現力が豊か
    やろうと思えば、職人芸だってw
  • 再利用しやすい
    図形やクリップアート、グループ化、スライド単位など再利用がいろいろな粒度でしやすいですね
  • 動く
    アニメーションなどによる動きを付けることもできます

あたりですね。

これをユーザーストーリーの補完として使ったらどうでしょうか?要するに「動く絵コンテです」。

よりイメージしやすく、機能もユーザビリティも表現でき、画面の遷移だって表現できます。ユーザーも描けるので、自分の想いを口頭だけではなく、具体的に伝える道具になります。もちろん、開発チームも、再利用が利きますので、より的確に、効率的に顧客と対話しやすくなりますし、開発チームにより顧客の考えを身近に感じてもらうこともできます。

と、前置きは以上です。

これを実現する道具が Beta 版として公開されています。

詳しくは、以下にまとめましたので、ご覧いただければ幸いです:

PowerPoint を使ったストーリーボード
パワポ職人芸 番外編 - Visual Studio 11 Beta 注目してほしい機能~その可能性~その3

動く絵コンテもご覧いただけます。

長沢

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する