オルタナティブ・ブログ > ITとビジネスの可能性 >

ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

マイクロソフト主催を理由に、アジャイルイベントに参加しよう!? Agile Day 2 3月19日(金)に開催決定!

»

マイクロソフトのアジャイル開発支援を本格的に開始したのが昨年の10月、サイトを正式オープンしたのが11月。昨年は、Rational Software Conference, Agile Conference など外部のイベントでマイクロソフトの開発事例やアジャイル開発支援施策についてお話しをさせていただいておりました。

そして、1月22日にやっとマイクロソフト主催でイベントを開催させていただきましたが、マイクロソフトで主催するからには、やっぱり外部の方々、それもアジャイルな開発や改善に取り組まれている方々にセッションしていただきたいという長沢の想いを実現させていただきました。

まずは、前回のイベントの模様を

Tech Fielders セミナー 東京 [Agile Day] 参加レポート

にて、チェックいただきたいと思います。この投稿を読んでいただいている方は、必読でお願いいたします!

そして、イベント時の Twitter のログを記録していただきました!こちらもご覧ください!

http://togetter.com/li/3984

こちらかなり長いですが、それだけ盛り上がったイベントであったということです(ご登壇いただいた方々、ご参加いただいた方々に感謝!)。

 

そして、3月19日にその第2弾を開催いたします!!!

今回も、アジャイルな開発、チーム作り、プロセス改善に取り組んでいらっしゃる方々のセッションとワークショップを中心に、LT も実施いたします。

また、今回は、また一つ大きなチャレンジがしたく、前回にご参加いただいた方々とも同意できた、ペア(上司と部下、先輩と後輩、同僚同士などなど)での参加を呼び掛けます。

とはいえ、参加登録は個別に行っていただく仕組みとなっていますし、ペアで来てほしい意図は、場を共有する方は一人より多い方がいいに決まっているし、そこでより多くの出会いと共感、交流を持っていただきたいという思いが強いです。ですので、ペアと書いてありますが、トリオだって、カルテットだっていいわけです。おひとりでもいいですが、ぜひもうおひとりお誘いするというステップがあってもいいかなと思ってのことです。ぜひチャレンジください♪

現時点では、ペアのチャレンジをしていただきたいということと、日程にご都合つけていただきたいため、セッション内容が未定となっていますが、企画もオープンにしており(http://msagile.groups.live.com/)、確定に向けて調整しております。

ヒントは、http://www.microsoft.com/japan/powerpro/developer/agile に登場されている方々ということにしておきましょう。

前回ご参加いただいた皆様も、前回ご都合つかなかった方、前回を知らなかった方もぜひぜひご参加ください。場の共有こそが、このイベントの主旨です!アジャイル知らない方や興味のあまりない方も何かが変わるかもしれません!!

■Agile Day 2 開催概要:

http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032442674&Culture=ja-JP

■ライトニングトークご登壇者募集(応募締切 3/5):

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/LT/default.mspx

■最新の情報の入手方法:

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/developer/agile

http://twitter.com/tomohn

http://twitter.com/msagile (※試験運用中。。。)

http://search.twitter.com/search?q=%23msagile

そうそう、タイトルに書かせていただいた「マイクロソフト主催を理由に」のくだりですが、前回ご参加いただいた複数の方々より、「普段は参加できないが、マイクロソフト主催と言ったら許可がでた」と言っていただきました。多くの知る機会の一つにお役立ていただけたのならば、マイクロソフト主催で、セッションは、外部の方にという私の想いも誤りではなかったということですよね?ということで、マイクロソフト主催で、多くの知る機会、きっかけのご提供でてきればと思っています。

より多くの方々のご参加、そして、交流とイノベーションに期待を持ってお待ちしております!!

長沢

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する