オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

明日から使える「プレゼン」のコツ やってはいけない3J

»

5月23日、八重洲ブックセンター本店にて、新刊「緊張して話せるのは才能である」の対談・講演を行ってきました。
下地寛也さんとの対談もありました。

緊張してしまって上手く話せないという方は、プレゼン冒頭の3分がとても大事です。

なぜなら、プレゼンの目的は上手に話すことではなく、人を動かすことだからです。
実は緊張しても、話下手でも構いません。コツとしては、最初の3分を攻略すること。
手や足、声が震えたり、体が硬直したりするような激しい緊張は、永遠には続きません。
最初の3分がピークなので、最初の3分を成功させれば最後まで維持できます

とくに大事な3分でやってはいけないネタがあります。

自己紹介と時事ネタ、自慢話の3つの話題です。

私は頭文字を取って、「3J」と呼んでいます。
「自己紹介をしないのは失礼ではないか」という疑問もあるかと思いますが、ビジネスプレゼンの相手はテーマに興味があります。
テーマを話さずに自己紹介を長時間していると、「早く始めてほしいな」と思われてしまいます。

最初の3分は、相手が話を聞くか聞かないかを決める、大事なタイミング。
ですから、単刀直入にプレゼンのテーマから入るべきです。
テーマから入れば、期待に最大限応えることができ、相手の満足度も確実に向上します。

さらに詳しくはこちらの記事でご覧下さい。
「伝え方」のプロ2人が伝授!明日から使える「プレゼン」のコツ
(無料でご覧いただけます)




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する